さんぽう通信2015年度
28/64

さんぽう通信号外(9月1日発行)中小機構四国本部さんぽう通信2編集後記今回予告としてご案内したのは、いずれも全国のバイヤーが集まる大都市での大規模展示会ですが、ご自身の商品を地元でまずは定着させ、そこから地方の味として全国へ発信していくことを狙った商談会を現在企画中です。詳細が固まり次第、認定事業者の皆様にご案内しますので、お見逃しくなく!(中小機構・井下純(いのしたじゅん))☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆本誌についてご意見・お問い合わせ等ございましたら、以下の発行元へお願いいたします。(独)中小機構四国本部経営支援部連携推進課TEL:087-823-3220、メールアドレス:inoshita-j@smrj.go.jp住所:〒760-0019香川県高松市サンポート2-1高松シンボルタワータワー棟7階☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆地域資源商品等マーケティング支援プロジェクト出品者の募集を開始!全国4都市でテストマーケティングを実施します(9/18(金)締切)!※食品は対象外ですのでご注意ください中小機構では、地域資源を活用した商品を開発・製造・販売する事業者の情報発信や販路開拓を支援するため、消費者やバイヤーに対して地域資源を活用した商品(ただし、食品を除く)の広報を行うとともに、国内主要都市の大型小売店舗等にてテストマーケティングを実施します。出品者の皆様はテストマーケティング期間中に現地にお越しいただく必要はありませんが、必ず前後のミーティングに参加いただき、現地確認や各種情報提供に加え、売上結果等のフィードバックを受けることができます。応募要件として地域資源活用事業の認定の有無を問いませんので、例えば農商工等連携事業で開発した商品でも各県の地域資源(地域資源についてはJ-Net21・地域資源活用チャネルの「各都道府県の地域資源情報」をご覧ください)を活用した非食品であれば応募可能です。詳細は募集要項をご確認いただき、ぜひお申し込みください!【対象事業者】・地域資源(素材・技術等。食品は除く)を活用した商品を有する中小企業。※地域資源活用事業の認定の有無は問いませんが、都道府県が定めている地域資源を活用した製品を製造し、供給体制を有するメーカーを対象とします。・本事業の目的に賛同し、販売前のブラッシュアップミーティング及び販売後の振り返りミーティングに参加する企業。【選定基準】・地域資源を活用し、現代のライフスタイルにマッチした商品であること。・各店舗のマーチャンダイジング(MD)方針や品質基準に合致したものであること。・他社製品との差別化が図られていること。【募集予定数】・4都市合計のべ200社程度【開催場所】(出品者は開催期間中に会場にお越しいただく必要はありません)【申込方法】①・②を郵送で、③・④を電子メールで「問い合わせ先」欄記載の担当者宛に送付【募集要項・申込み用紙】http://www.smrj.go.jp/shop2015/【問い合わせ先】地域資源商品等マーケティング支援プロジェクト事務局(担当:吉川)東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー7階TEL:03-6441-4905FAX:03-6441-4900E-mail:shop2015@hakuhodo.co.jp~詳細は必ず募集要項をご確認ください~東京名古屋大阪博多①空港店舗「BLUESKYPREMIUM」(JALUX)(羽田空港国際線旅客ターミナル3Fロビー出国ゲート横)JR名古屋タカシヤマ9階リビング用品特設会場調整中博多阪急②西武池袋本店7階プロモーションスペース③三越日本橋本店本館7階はじまりのカフェ①参加申込書②商品パンフレット等③商品情報シート④販売希望商品のパッケージの写真・画像

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る