さんぽう通信2015年度
15/64

さんぽう通信27年6月15日号 中小機構四国本部 さんぽう通信 3 中小企業施策 認定事業者紹介 ご承知のとおり、中小機構は展示会や商談会などの販路開拓を目的とした企画を数多く実施しております。 今年度は、皆さまにとって有益な販路開拓企画について、情報発信を強化しておりますので、さんぽう通信 でも積極的にご紹介していきたいと思っております。つきましては、今後もさんぽう通信をご愛読いただくよう、 よろしくお願い申し上げます。 編集後記 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 本誌に関連してご意見・お問い合わせ等ございましたら、以下の発行元へお願いいたします。 独立行政法人中小企業基盤整備機構 四国本部 経営支援部 連携推進課 TEL:087-823-3220 、メールアドレス:inoshita-j@smrj.go.jp 住所:〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1 高松シンボルタワー タワー棟7階 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ふるさとプロデューサー育成支援事業の研修生を募集中!(7月6日締切り) 地域の多くの関係者を巻き込み、地域の特色を活かした産品をブランド化し、域外に売り出す取組の中核的な担い手となる人材(ふるさとプロデューサー)を育成することを目的とした、ふるさとプロデューサー育成支援事業の研修生募集が6月2日よりはじまりました。当事業は、研修受入先団体のふるさとプロデューサーの下でのOJT研修(地域の関係者との関係作り、地域資源を活用した商品開発や販路開拓、ブランド化に向けたプロモーション活動など)を行う内容となっております。また、プロデューサー育成支援事業運営事務局が主催する研修、成果報告会、並びにふるさとプロデューサー育成支援事業フォーラムへの参加も盛り込まれており、下記のとおりコースに応じて期間が異なります。なお、研修生の人数、条件及び費用などは以下のとおりです。 ◆募集期間 6月2日(火)~7月6日(月) ◆研修期間 ・長期コース:原則として連続した100日間程度 ・中期コース:30日間程度(研修参加者と受入先団体の協議により分割の場合もあります) ◆研修受入先団体及び研修生人数 ・長期コース:受入先:15~20団体、研修生人数:30~40名(1~2名/団体) ・中期コース:受入先:10~15団体、研修生人数:70~100名(5~7名/団体) ◆ 研修生の条件 ・研修期間中、現地に滞在し、OJT研修を受講できること ・地域を活性化しようとする意欲を持っていること ◆研修生の費用 研修生の旅費、日当、宿泊費等は、実費を支給します。 ※ 詳細は下記URLをご覧ください(募集要項などのダウンロードも可能です) http://www.smrj.go.jp/keiei/chikipg/information/092593.html 平成27年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)の 二次公募がはじまりました!(7月24日締切り) 中小企業・小規模事業者が、産学官で連携し、また異業種分野の事業者との連携を通じて行う新しいサービスモデルの開発等のうち、サービス産業の競争力強化に資すると認められる取組を支援する、平成27年度商業・サービス競争力強化連携支援事業の二次公募が6月9日よりはじまりました。補助対象者は、中小企業新事業活動促進法第11条第1項に基づく、異分野連携新事業分野開拓計画の認定を受けた方です(法認定申請(変更認定申請を含む)は、随時受け付けており、本事業に応募するための法認定申請受付の締切は、平成27年7月24日(金)(本事業の受付の締切日と同じ) です)。なお、補助事業期間と補助率等は以下のとおりとなります。 ◆補助事業期間:2年度 ◆補助金額(上限額):初年度3,000万円 ◆補助率:補助対象経費の2/3以内 * 2年度目は、原則として初年度の補助金交付決定額と同額が上限となります ※ 詳細は下記URLをご覧ください(募集要項などのダウンロードも可能です) http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2015/150609mono.htm

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る