沖縄プロデュース2018
3/48

プロジェクト地域の強みとなりうる産地の技術、農林水産物、観光資源等の地域資源を活用して新商品・新サービスの開発、生産を行い、需要の開拓を行いことをいいます。●地域の特産品として相当程度認識されている農林水産物や鉱工業品●地域の特産物である鉱工業品の生産に係る技術●文化財、自然の風景地、温泉、その他の地域の観光資源として相当程度認識されているもの※具体的な地域資源については、沖縄県が策定する「基本構想」によって指定されます。地域資源を活用して新商品の開発等に取り組もうとする方々の事業計画を国が認定し、認定された計画に基づいて事業を実施する方々を各種支援措置でサポートするものです。農林漁業者と商工業者等が通常の商品取引関係を超えて協力し、お互いの強みを活かして売れる新商品・新サービスの開発、生産等を行い需要の開拓を行うことをいいます。これまで農林漁業者だけ、商工業を営む中小企業者だけでは開発・生産することが難しかった商品・サービスを両者が協力し合うことで創り出し、市場で販売していくことで、売上や利益の増加を目指そうとする取り組みのことです。「農商工等連携」に取り組もうとする方々の事業計画を国が認定し、認定された計画に基づいて事業を実施する方々を各種支援措置でサポートするものです。計画を申請するためには、農林漁業者、商工業者等を営む中小企業で、両者が連盟で申請することが必要です。事業分野を異にする複数の中小企業が有機的に連携し、その経営資源を組み合わせて、新事業活動を行うことにより、新たな事業分野の開拓を図ることをいいます。複数の中小企業が連携体を組み、技術・ノウハウの綿密な「摺り合わせ」を通じて、柔軟にお互いの強みを補完しながら、高付加価値の製品・サービス等を創出する事業計画を作成し、その内容を国が認定することで各種支援措置を受けることができます。中小企業地域資源活用促進法農商工等連携促進法中小企業新事業活動促進法地 域 資 源01

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る