中小機構 九州 業務案内
11/24

10経営支援 │ 人材育成支援 │ インキュベーション事業 │ 共済制度 │ 資金調達 │ 事業継承・知的資産経営 │ 高度化事業 │ 中心市街地活性化支援 │ 施策情報農商工連携の支援事例▲ ㈱豊後大野クラスター(大分県豊後大野市)・㈲衛藤産業 農業部門(大分県豊後大野市)  高糖度かんしょ「べにはるか」の規格外品を活用した、ペースト、パウダー等介護・医療向け食品の開発・販路開拓《取組の背景》 野菜の委託加工を本業とする㈱豊後大野クラスターは、自社商品の開発・販売による、さらなる付加価値の向上を目指していた。一方、「べにはるか」を長期貯蔵し、高糖度化したブランドかんしょ「甘太くん」を生産している㈲衛藤産業農業部門は、規格外品の活用が課題であった。その両者が連携し、べにはるか茎葉部(けいようぶ)を活用して栄養価を高め、糖分や食品添加物無添加のペーストやパウダーを開発。食の安心安全や調理の簡便化ニーズが高い病院、介護施設、ホテル、飲食店等をターゲットとし、販路開拓を図る。《支援内容》 ①担当専門家による定期的なフォローアップ②衛生管理アドバイスの実施③地域活性化パートナー企業である岩田産業㈱、ヤマエ久野㈱の試食アドバイス会及び展示会への出展《成  果》 【農商工連携事業計画の認定】⃝営業体制を構築し、マニュアル化・モデル化をすることで、固定販路を獲得できた。⃝工場内の5S、空気の清浄化など改善ポイントが明確になり、商談先や取引先のニーズに対応できるようになった。⃝業務用提案に向けたテストマーケティングを実施することができ、新たな販路につながった。地域資源活用の支援事例▲ やまさ海運㈱(長崎県長崎市) “明治日本の産業革命遺産群”と“長崎台場跡”を活用した、観光丸によるヘリテージツーリズム商品の開発と販路開拓《取組の背景》 やまさ海運㈱は軍艦島上陸クルーズを就航し、順調に業績を伸ばしてきたが、知的好奇心を満たすテーマ性や目的性を持った旅へのニーズの高まりを受け、新たな着地型産業観光商品を開発することとした。認定事業では、幕末期オランダ国王より江戸幕府に献上された“観光丸”の復元船で「明治日本の産業革命遺産」と「長崎台場跡」を巡る、ヘリテージツーリズムを開発、提供する。サービスの提供にあたっては、事前学習や専門ガイドの案内等を盛り込み、さらなる顧客満足度向上を目指すとともに、英語ガイドの養成を行い、インバウンドの取り込みを図る。《支援内容》 ①担当専門家による商品開発と販路開拓に係るアドバイス②HPや予約システムの改善アドバイス③日本語と英語ガイド養成支援《成  果》 【地域資源活用事業計画の認定】⃝軍艦島上陸クルーズとの相乗効果や修学旅行の取り込み等により、徐々に観光客が増加している。新連携の支援事例▲ シスメット㈱(福岡県北九州市)  観測・予測・報知による低価格かつ高精度局地的気象サービス「ZEROSAI」の事業化 《取組の背景》 ゼネコンや港湾管理会社等においては、作業員の生命や設備等の財産を守るため、局地的・高精度な気象予測情報に対するニーズがある。当社は、気象観測装置の開発・製造を行う企業と連携し、①気象観測装置「Nセンサー」、②気象観測・予測解析情報配信システム「防災盤」、③警報伝達装置「防災灯」からなる「ZEROSAI」サービスを、3G回線を使用することにより低コストで提供している。Nセンサーによる現場の観測データと気象庁データから、独自に局地の気象予測を分析し、高精度な情報を提供している。《支援内容》 ①専門家によるハンズオン支援(新連携事業計画策定、定期的なフォローアップ)②販路開拓コーディネート事業を活用した関東圏でのテストマーケティング支援③海外ビジネス戦略推進支援事業を活用したベトナムでのF/S調査《成  果》 【新連携事業計画の認定】⃝大手ゼネコン、教育機関等に対しテストマーケティングを実施することで、改善点が明確になり、新たな 販路につながった。⃝海外展開について長期的視点での今後の方向性決定に役立つ情報収集ができた。©ハウステンボス/J-13919

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る