販路開拓通信
98/526

3名のコーディネーターとともに、7社に15回のアプローチ!☆想定した市場での仮説の検証評価・可能性として・・①仕組みの面白さ、写真をコミックにするというニッチな切り口が評価されました。②旅行分野では、旅行前の広告により、直接、訴求できる点が評価されました。課題・要望として・・①PC操作に不慣れな方には操作の難易度が高いと指摘がありました。②ウエディング業では動画が中心である点で需要が顕在化しないとのことでした。③SaaS運営企業では、エンドユーザーへの課金体制やサポート体制の整備が充分でないと指摘がありました。【事業内容等】【設立】2002年4月【所在地】北海道【資本金】79百万円【売上高】157百万円(2008年3月期)【従業員数】13名【商品概要】フォトコミックサービス簡単操作のマンガコミュニケーションシステムを使って、撮った写真を漫画風のコマ割りに。ふきだしや効果を追加することにより、よりインパクトがあるアルバムを作ることができます。企業概要同社は中小機構北海道支部が事業化等を支援していました。関東支部販路支援課が北海道支部において開催した、出張相談会において販路開拓の相談を承り、支援に至ったものです。同商品は、プロモーション用の専用サイトで登録ユーザーにデモ使用いただいている以外には、販路が未確立であり、具体的な市場が見えていませんでした。同商品の用途は幅広いです。今後の営業戦略の策定や運用を考え、以下の3市場に絞り、ネットワークを有するコーディネーターを選定しました。■旅行業■ウエディング業■SaaS運営企業‣支援の経緯‣販路開拓面での課題【具体的な成果】①SaaS運営企業1社について見積書を提出。②旅行会社1社についてテストラン実施。【今後の取り組み】①コマ割りや台詞などに予め選択肢を設け、より使用しやすくなるよう、改良を行う。②課金方法やサポート体制の構築などビジネスモデルを見直す。【同社へのアドバイス】ビジネスモデルの見直しは、ターゲット市場の設定、システムのブラッシュアップ、価格の設定、課金方法やサポート体制の構築、販促方法、事業パートナーとの役割分担など、検討事項が多岐にわたります。相応のヒト・モノ・カネ・時間などのリソースが必要となるため、他の事業に投入するリソースとの配分も考えなければなりません。フォトコミック事業の位置づけを社内で明確にすること、事業計画全体を見直すことが必要です。【具体的な成果】①SaaS運営企業1社について見積書を提出。②旅行会社1社についてテストラン実施。【今後の取り組み】①コマ割りや台詞などに予め選択肢を設け、より使用しやすくなるよう、改良を行う。②課金方法やサポート体制の構築などビジネスモデルを見直す。【同社へのアドバイス】ビジネスモデルの見直しは、ターゲット市場の設定、システムのブラッシュアップ、価格の設定、課金方法やサポート体制の構築、販促方法、事業パートナーとの役割分担など、検討事項が多岐にわたります。相応のヒト・モノ・カネ・時間などのリソースが必要となるため、他の事業に投入するリソースとの配分も考えなければなりません。フォトコミック事業の位置づけを社内で明確にすること、事業計画全体を見直すことが必要です。‣成果と今後の方向‣テストマーケティングにあたって‣販路開拓コーディネート事業での支援内容「販路開拓コーディネート事業」支援事例(20)~T社~

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る