販路開拓通信
95/526

4名のコーディネーターと11社に24回のアプローチ!!☆想定した市場での仮説の検証評価・可能性として・・①斬新なイメージとデザイン性が評価されました。②「海外市場に出しても劣らない」との評価をいただきました。課題・要望として・・①オーバーフロー対策を求められました。②水栓具との組み合わせが求められました。③主張型商品のため、新コンセプトによる提案を求められました。④価格が高いとの評価は否めませんが、デザインや空間が優先される場面に絞って企画していく必要があります。【事業内容等】【設立】1972年8月【所在地】静岡県【資本金】10百万円【売上高】44百万円(2008.7)【従業員数】25名【商品概要】WashBowl(木製ボウル)従来のガラスや陶器に代わり、加工性が高い木材を活用した木製ボウルを商品化しました。木材の特徴である柔らかで優しげなイメージや、その逆に重量感のある高級なイメージを作ることも可能です。企業概要同社との出会いは、静岡県が主催する「グッドデザインしずおか2008」でした。その後、しずおか産業創造機構と連携し、マーケティング企画のブラッシュアップを行ってきたものです。同社社長は、これまでの家具商としての待ちの姿勢から、攻めの姿勢への転換を図りたいとのご希望をお持ちでした。しかし、単独では、新たな市場のチャネル構築が困難だったため、当事業で支援を行いました。デザイン・インテリア分野に知見の深いCO4名を選定して「露出度を高める」ことを重視した活動を行いました。《想定アプローチ先》・ショールーム・内覧会&展示会・企画設計&デベロッパー・広報誌‣支援の経緯‣販路開拓面での課題【具体的な成果】①ショールームの確保2社②内覧会&展示会の実施2社③パートナー契約の締結1社④メルマガ発行に係る連携1社【今後の取り組み】①商品面で要望のあったオーバーフロー対策、ユニット化の対応を進める。②営業面では、価格に見合ったコンセプト設定、提案方法のブラッシュアップを行う。③全社経営計画にしめる新規事業の位置づけを明確にし、事業計画を策定する。→社長の積極的な取り組みにより、上記の成果に繋がりました。この体験を活かし、全社経営計画に占める新分野の位置づけを社員に明示することが望まれます。また、信頼関係の構築に向けては、重点先を中心とした価格体系の整備、役割分担などが求められます。更に、空間デザインをとおした提案など「企画力」の学習余地は多いです。「答えは現場にあり」今回の出会いをきっかけに学習を深め、社長のバイタリティで新分野開拓の途を開かれることを期待します。【具体的な成果】①ショールームの確保2社②内覧会&展示会の実施2社③パートナー契約の締結1社④メルマガ発行に係る連携1社【今後の取り組み】①商品面で要望のあったオーバーフロー対策、ユニット化の対応を進める。②営業面では、価格に見合ったコンセプト設定、提案方法のブラッシュアップを行う。③全社経営計画にしめる新規事業の位置づけを明確にし、事業計画を策定する。→社長の積極的な取り組みにより、上記の成果に繋がりました。この体験を活かし、全社経営計画に占める新分野の位置づけを社員に明示することが望まれます。また、信頼関係の構築に向けては、重点先を中心とした価格体系の整備、役割分担などが求められます。更に、空間デザインをとおした提案など「企画力」の学習余地は多いです。「答えは現場にあり」今回の出会いをきっかけに学習を深め、社長のバイタリティで新分野開拓の途を開かれることを期待します。‣成果と今後の方向‣テストマーケティングにあたって‣販路開拓コーディネート事業での支援内容「販路開拓コーディネート事業」支援事例⑲~S社~O社、S社ともに、真摯に取り組んでいただき、「今後の方向性を検証できた」とのお話しでした。

元のページ  ../index.html#95

このブックを見る