販路開拓通信
90/526

売れない在庫を眠らせていませんか?~失敗から学ぶビジネスモデル構築法~中小企業の方から「在庫をどうにかしたい」といったご相談が多いです。ここでは、「なぜ在庫を抱えることになってしまったのか?」、中小企業の方が陥った状況を打開するビジネスモデル構築のヒントをご紹介します。良い製品なのになぜ売れないの?良い製品良い商品良い「製品」と思っているのは?良い「商品」とは?お客様が「ほしいと思うもの」「得したと思える価格、品質」「使ったら満足度の高いもの」自社の評価基準で判断されていることが多いようです。自社の中でも部門によって評価基準が違います。例えば開発部門(独自技術、アイデア、等)製造部門(コスト、作り易さ、等)営業部門(販売ノルマ、売り易さ、等)お客様の価値以外の評価要素で判断されていないでしょうか●良い製品を作っても売れないお客さまにとって、良い商品でなければ、お客様は買ってはくれません。●商品コンセプトは「技術に優先する」自社の優れた技術を活かしただけの製品は、世の中で求められていないかもしれません。●技術至上主義では売りにくい良い商品は、「お客様の価値の視点」から、評価されています評価の目は、お客様に近いほどよい評価の目は、お客様に近いほどよい●こんなに良い製品を作ったのになぜか売れない・・・●社内では評判がいいのになぁ~●欠品は許されないので、たっぷり在庫してあるし・・・困った!!こんなことがありませんか?

元のページ  ../index.html#90

このブックを見る