販路開拓通信
88/526

掲示板■当事業へのお問い合わせは、販路支援課鈴木(TEL:03-5470-1638)が承ります。2)通販マッチング会に参加されたかまぼこ王子さんのブログのご紹介3)販路開拓出張相談会のご案内当事業では都道府県中小企業支援センター等の支援機関様のご要望に応じて、出張相談会を催しています。20年度においては、支援機関様やイベント会場にお伺いしての相談会を30回超実施しました。他にもセミナー開催を含め様々なご要望にお応えしています。中小企業を日頃ご支援している支援機関様の皆様が・販路開拓の方向性の助言に迷っている、・競合分析、ターゲットの助言に困っている・支援施策の選択に悩んでいる、などがございましたら、是非、ご要望をお聞かせ下さい。相談会の進め方の打ち合わせでも結構です。また、販路開拓に悩んでおられる中小企業の皆様に向けた販路開拓の手法や当事業の支援事例などの寄稿も実施しています。支援機関誌をご担当されている方、お気軽にお問い合わせしてください。1)店舗設計のプロに評価していただきませんか商業店舗の設計にかかわる商材をお持ちの中小企業と(株)丹青社デザイナーとの出会いの場を創出する企画です。中小企業が当該商材に関する評価を得て、取引のために「何を克服せねばならないか」を考える機会を提供します。*(株)丹青社:(www.tanseisha.co.jp/)(東証一部)場所は秋葉原、使用スペースは右図のとおり(壁面と平机)で採択数は5社、実施は7月14日~7月15日の2日間です。応募申し込みは中小機構各支部まで、詳細は販路支援課南(Email:tokyo26@smrj.go.jp)までお問い合わせください。通販のプロとお会いして(2009年2月7日15:01かまぼこ王子)今年の初大仕事、「通販マッチング会」へ参加してきました。“独立行政法人中小企業基盤整備機構”にて、まず、事前に商品やコンセプトのブラッシュアップがあり(昨年10月24日)、年をまたいで今年2月6日、通販のプロの方々を会場へお招きしてという、貴重な機会です。参加した企業は23社。各社とも、自社自慢の一品を揃えての会場となりました。私たちN食品では、今回由比特産の桜えび、桜えび蒲鉾、桜えび塩のセットを窒素で瞬冷凍を施したのち、-60℃での保管をして発送する通販スタイルの商品を展示し、審査と評価をいただきました。大手通販会社の方と、商品についての指導を受けることができるチャンスだったので、私たちが今まで思いもしなかったようないろいろなことを教えていただけました。ものすごい収穫と同時に、たくさんの反省点が見えてきました。私たちは製造専門会社なので、「作り手の想い」を最優先してしまいます。でも、買う側のお客様が求めているものが何かという点にもっと焦点を絞らなければ、どんな良いものを作ったとしても、やがてお客様は離れていってしまう。その温度差をどうやって解消していくのか‥。いくつものヒントとアドバイスをたくさんいただくことができた今回のマッチング会でした。難しいけれど面白い、やりがいのある宿題を手にした「N食品」です。(http://www.ninbensyokuhin.co.jp/blog/2009/02/post-33.html )※4月13日より、中小機構関東支部の執務室が虎ノ門本部ビル2階から3階に変更になっております。お越しの際はご注意下さいますよう、お願い致します。

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る