販路開拓通信
71/526

販路開拓チーフアドバイザーがビジネスモデルをブラッシュアップ!3名のコーディネーターとともに、5社に11回のアプローチ!☆想定した市場での仮説の検証評価・可能性として・・①同工法の品質・耐久性が評価された②廃棄物が出ないことにより、廃棄物処分費、環境保護面でも評価された③透明層をアート感覚で創作できる工法はエンドユーザーに訴求力がある④従来工法より割高な分も、長期耐久性によりカバーできる課題・要望として・・①施工能力の良し悪しが品質を左右するので、施工業者の選別と、施工業者の育成による量の拡大が必要である②代理店体制などについて早めの体制づくりが必要である③わかりやすい簡潔なプレゼン資料の整備【事業内容等】建設・リフォーム業【設立】2003年1月【所在地】大阪府【資本金】10百万円【従業員数】1名【商品概要】浴槽のリフォーム古くなった浴槽を、特殊繊維を使用した強化プラスチックでコーティングして、耐久性を大幅に向上させる工法。下地材質を選ばない点と耐久性が高い点が強みです。また古い浴槽を活用するため廃棄コストもかかりません。企業概要同社が中小企業総合展2007へ出展したことを機に販路事業と出会ったもの。商品の今後の展開の可能性は高いものの、営業から施工まで若い社長が一人で行うという状況だったため、組織的な営業体制の確立に向け、支援活動に取り組んできたものである。同工法はまだ新しいため、市場で受け入れられるかを検証する必要がある。営業から施工まで、社長一人で行うという状況のため、独自の販路開拓には限界があり、仮説の検証を行うためのネットワークがない。■想定される市場・ホテル業界・住宅リフォーム業界‣支援の経緯‣マーケティング面の問題点【具体的な成果】①住宅メーカーのP社と代理店の内諾②ホテル・旅館業で施工1社、見積もり提出1社【今後の取り組み】①組織的な営業体制を築くため、社内体制の強化とともに、人的資源の不足を代理店の活用で補完する②工法普及のポイントとなる施工業者の育成について、「マイスター」のような教育システムを導入→社長の真摯な取り組み姿勢は評価されました。今後は職人から脱皮して、経営者としてのビジネスの感覚を磨いて、新たな課題の解決に取り組まれることを期待します。‣成果と今後の方向‣販路開拓コーディネート事業での支援内容BeforeAfter‣そこで以下のような仮説を立てました「販路開拓コーディネート事業」支援事例⑭~Oコーポレーション~

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る