販路開拓通信
70/526

販路開拓チーフアドバイザーがビジネスモデルをブラッシュアップ!3名のコーディネーターとともに、7社に15回のアプローチ!☆想定した市場での仮説の検証評価・可能性として・・①水洗いが可能な畳の技術力や機能性、利便性が評価されました②メンテナンスレンタル方式が評価されました③隠れ宿や貸切風呂に適していると助言されました課題・要望として・・①浴室内に敷くことへの抵抗感がある②介護分野では介護保険認証商品でないと受け入れにくい③割高感が有るため価格(レンタル料金)についてはもう一工夫が望まれる【事業内容等】畳製造業【設立】1925年4月【所在地】鹿児島県【資本金】18百万円【売上高】207百万円(2007.3)【従業員数】14名【商品概要】洗える畳のメンテナンス&レンタル老舗の畳業者が開発した洗える畳「洗畳」。定期的にメンテンスを行うレンタル方式との組み合わせで、いつでも新品の清潔感を保てます!企業概要同社は(財)かごしま産業支援センター及び中小機構九州支部が支援を行ってきたものであり、中小企業総合展への出展を機に、販路事業と出会い活動に取り組んだものです。洗える畳は10数年前から一部温泉旅館の浴室に使われましたが、湯垢でぬるぬるし、清潔感の問題から、あまり普及しませんでした。①泉質に応じた洗浄ノウハウと定期的なメンテナンスにより、常に清潔感を与えるサービスを提供することが望まれる②メンテナンス会社と畳施工会社とを汲み入れたメンテナンス&レンタルのビジネスモデルの構築が望まれる。■想定される市場・ホテル・旅館・介護福祉施設‣支援の経緯‣マーケティング面の問題点【具体的な成果】①旅行業界のK社と代理店契約②ホテル・旅館業において見積り提出2社③介護・福祉業界において商品の共同開発1社【今後の取り組み】①レンタル料金の工夫②メンテナンス期間の検討③社内の営業体制の整備④連携会社との関係強化、代理店のインフラ整備→明らかになった課題について、更なる取り組みを推進する手法を例示して、提言しました。→(財)かごしま産業支援センター及び中小機構九州支部による継続的な支援が期待されます。‣成果と今後の方向‣そこで以下のような仮説を立てました使用例①使用例②‣販路開拓コーディネート事業での支援内容「販路開拓コーディネート事業」支援事例⑬~O商会~

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る