販路開拓通信
56/526

2)掲示板■当事業へのお問い合わせは、販路支援課鈴木(TEL:03-5470-1638)が承ります。【セミナーテーマ】:「当世通販事情」~貴方もできる、売れる商品の狙い方~講師:山下美和氏(中小機構本部チーフアドバイザー)5月13日と20日に開催した「通販セミナー」には、関東支部管内の中小企業、支援機関を中心に、両日あわせて予定を大幅に上回る約80名の方にご参加戴きました。販路開拓コーディネート事業を通じて立てた「通販業界とのビジネス機会を創出するお考えの中小企業の方が多い」との仮説を検証できました。セミナーでは、講師の山下チーフアドバイザーが、通販でブレイクするポイントとなる商品とチャネルの適合性など、独自集計した「楽天」売れ筋ランキングデータ等をベースに講演戴きました。受講者には「通販との相性テスト」も和気あいあいと記入いただきましたので、相性の良い通販ジャンルやカテゴリなど、ご理解戴けたと思います。また終了後の販路CADとの個別相談会も両日とも賑わいました。今回、受講戴いた皆様は、7月に催す、通販企業から直接ご意見をうかがう「通販マッチング会」に応募できます。同会では実際に通販企業に向けた展示やプレゼンをして戴き、通販企業の選考によって後日の通販企業との個別商談の場へ進んで戴きます。次回の当セミナーは9月24日(水)、マッチング会は来年の1月、2月を予定しています。通販業界とのビジネス機会創出を目指される方は、是非、ご予定下さい。中小企業支援機関の方の参加も歓迎します。1)「通販セミナー」のご報告2)ベンチャー企業の経営危機データベース「83社に学ぶつまずきの教訓」が、経済産業省より発表されました本データベースは、経産省が平成19年度にベンチャー企業にインタビュー調査を実施して収集した83の失敗、トラブル、ヒヤリとした経験に関する事例です。原因や結果が分析されていて、原因別のトップが経営管理能力の欠如(34件)、次に、商品・マーケティング戦略ミス(28件)となっています。http://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/kikidatabase/index.html販路開拓にかかわる事例としては、①商品力を過信し、市場への働きかけを怠ったため消費者からの評価が得られず販売が低迷②技術の特殊性ゆえにマーケットの絞込みが出来ず全てのニーズに応えようとして、対応不可能な領域に手を出す③提案を受けて開発したが、ニーズのない製品と判明。リスク管理を怠ったため、多額の損失を被るなどが掲載されています。販路開拓にお困りやご関心をお持ちの中小企業の皆様、先ず、ご相談ください。関東支部の販路支援課では、毎曜日、販路チーフアドバイザーが中小企業の皆様の販路開拓のご相談を承っています。また、中小機構各支部や関東支部管内の中小企業支援機関に出張して、販路開拓にお困りの方やご関心をお持ちの方に向けた相談会を開催しています。今年度も、しずおか産業創造機構、中小機構北海道支部・中部支部などで実施しています。出張相談会の進め方などの打ち合わせも歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

元のページ  ../index.html#56

このブックを見る