販路開拓通信
524/526

「ブラッシュアップシート活用のススメ」のシリーズは、これまで販路開拓コーディネート事業のマーケティング企画のブラッシュアップ段階で利用しているブラッシュアップシートの活用方法について公開したものです。支援企業からは、「最初は時間がかかり面倒くさかったが、販路開拓コーディネート事業が終わるころには、なぜこれを作成するのかの意味や、その重要性がわかった」という声が寄せられています。これによって視界不良だった自社の製品やサービスの販路が、スッキリ見通せるようになるからです。支援機関の皆様方にも、このブラッシュアップシート作成ノウハウを体得していただき、販路開拓やマーケティングに課題をもつ企業様の支援にお役立ていただければと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。循環サイクルを繰り返し回す想定販売先のニーズ抽出自社の特徴の洗い出し特徴をニーズにフィットさせる顧客価値を想定する懸念事項の整理対応策の検討想定販売先の絞り込み独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部販路開拓部マーケティング支援課TEL:03-5470-1638‣最後に・・・13

元のページ  ../index.html#524

このブックを見る