販路開拓通信
474/526

【事業内容等】産業用PC及び周辺機材の製造販売【創立】1997年【所在地】埼玉県【資本金】1,000万円【従業員数】5名【支援対象】防塵防水パソコン「プロテクションPC」生産現場などの過酷な環境下で使うためのパソコンです。特長は、①完全密閉型でIP68レベルの防塵防水性能を実現、②ファンレス構造でシステム故障リスクを大幅低減、③お客様の要求仕様に合わせるカスタマイズ対応、といった点にあります。企業概要支援の経緯販路開拓面での課題【具体的な成果】①商品の性能、機能、コンパクト性といったハード面に加え、ニーズへの柔軟な対応姿勢に高い評価を得ました。②現場の実態から、防塵ボックスの設置を不要にし、メンテナンス費用削減で企業の利便性向上とコストダウンに貢献できることを確認できました。③本社のスタッフ部門より、製造現場の水、埃、油分、粉体などが入るような劣悪な環境下で働く責任者へのアプローチが有効なことがわかりました。【今後の取り組み】・防塵ボックス等を使っていて不便を感じている顕在市場に、ラインアップの充実を図りながら、計画的な営業を展開していきます。・食品会社向け計量機器メーカーと協働し、潜在ニーズのある市場に対し新たなシステム提案を行い、需要創造に取り組んでいきます。第3段階:成果のまとめと今後の取り組み第1段階:テストマーケティングの準備第2段階:市場での仮説検証「販路開拓コーディネート事業」支援事例~株式会社エム・コーポレーション~埼玉県産業振興公社のよろず支援拠点からの紹介を受け、販路開拓の課題解決に向け、当事業の活用に至りました。チーフアドバイザーとともにターゲット市場を絞り込み、マーケティング企画のブラッシュアップを行いました。ターゲットを物流・倉庫分野、食品加工分野、貴金属精錬分野に設定し、支援目標は次の3点としました。①ターゲット分野ごとに現場実態の把握と課題を理解する。②商品の評価と受容性を確認する。③重点市場と営業方針を明らかにする。3名の販路開拓コーディネーターが3社に14回の同行訪問を実施しました。<テストマーケティングの内容>アプローチ先に訪問し、サンプルを提示しながらプレゼンテーションを行いました。現場の実態と課題について詳細なヒアリングを実施しました。<仮説の検証結果>各分野で次のような状況把握ができました。・物流・倉庫分野:劣悪環境下ではコストを掛けて、PCを防塵ボックスに格納している。・食品加工分野:食品工場の現場で水や塩水を避けるためPCを遠隔設置している。・貴金属精錬分野:酸ミストによるPC故障が多発しているため保護用キャビネットを使用している。計量器メーカーと販売面で協業することが決まりました。また、貴金属の製品開発・販売会社に見積書を提出するところまで進捗しました。<新たな課題>・ニーズが顕在化した分野への営業強化・潜在需要獲得に向けた提案活動の実施当商品の有効なターゲット市場を見極め、戦略的な営業展開を図ることが課題となっていました。水や油、粉塵の浸入を防ぐコネクターを採用エムテクションPC

元のページ  ../index.html#474

このブックを見る