販路開拓通信
255/526

3名のコーディネーターと合計24回 (うち同行回数17回)の支援を実施!! ☆想定した市場での仮説の検証 評価・可能性として・・・ ①産業用資材分野では、紙の書類を持ち込むことが禁止されているクリーンルーム内でのマニュアルの可能性が明らかとなり、サンプルを提出しました。産業用機械メーカーでも部品棚の銘板として興味を持って頂き、サンプルを提出しました。 ②コンセントカバーなど生活雑貨分野ではホームセンターでオンデマンド製品は扱わないとの意見でした。花材類の鉢カバーなどに対しては市場性は見いだせませんでしたが、箱形に成型できるはがきなど新たな提案を頂きました。 ③販促・ノベルティ分野では、新製品発表時のノベルティとして販促用データベースに入れていただけることになりました。 【事業内容等】 【設 立】 1990年1月 【所在地】 東京都 【資本金】 5,200万円 【従業員数】 7名 【商品概要】 プラスチック印画紙に露光印刷により発色させた印刷 物です。プラスチックのため曲げたり、折ったりしても破れたり、切れ たりしません。また油や汚れに強いなど耐久性が高いことと露光 印刷のためナノ単位の緻密な微細表現ができることが特徴です。 企業概要 東京都中小企業振興公社から紹介され、関東本部相談窓口に来社され支援がスタートしました。これまでWEB経由の顧客データを印刷して送付するBtoCビジネスが主体でしたが、産業用途の可能性を探りたいという社長の強い要望を受けて採択が決定しました。 プラスチック印画紙+露光印刷の強みを産業用途に具体的ユーザーメリットとしてどのように展開するかというノウハウや販売ルートのないことが課題でした。 産業用途として以下の3分野で採用可能性があるとの仮説を立て、3名のコーディネーターが支援を行いました。 ■想定した分野と製品案 ①産業用資材分野→設備等のマニュアル、 製品名や会社ロゴを表す銘板 ②生活雑貨分野→鉢カバーなどの花材類・コンセントカバーなどインテリア ③販促・ノベルティ分野→オンデマンドで1枚 から作成可能な販促物 ‣ 支援の経緯 ‣ 販路開拓面での課題 【具体的な成果】 アプローチした各分野でサンプル依頼を受けたことからプラスチック印画紙の特性を理解していただき、産 業用用途としての可能性があることが明らかになりました。特に花材商社からは、社内防災カードの受注を 頂き、さらに故人への供花鉢用備品の依頼を頂くなどBtoB事業の可能性を検証することができました。 【今後の取り組み】 興味を持って頂けても、製品としての導入検討に至らない例が多いことは、形状、外観、大きさ、使いやす さなど製品としての要素が不十分であったことが考えられます。今後は製品レベルで加工したサンプルの 提案が出来るように加工技術を有する他社と協力体制を構築し、迅速な提案が求められます。 ‣ 成果と 今後の方向 ‣ テストマーケティングにあたって ‣ 販路開拓コーディネート事業での支援内容 「販路開拓コーディネート事業」 支援事例 ~C社 ~ プラスチック印画紙による マニュアル例 課題・要望として・・・ プラスチック印画紙の特性やメリットは理解して いただけましたが、具体的製品レベルまで仕上 げる加工技術の導入が課題です。

元のページ  ../index.html#255

このブックを見る