販路開拓通信
235/526

3名のコーディネーターとともに、 4社に8回の同行! ☆想定した市場での仮説の検証 評価・可能性として・・ ①ノベルティ販売業では「もらってうれしい商品であり、企業名の印刷やオリジナルデザインができるので販促品として提案力がある」 ②文具小売店では、「一見だけでは商品の特徴やメリットが分かりにくい」との評価を得ました。 課題・要望として・・ 小売の現場では、他のファイル商品の中に埋没するので、店頭演出やPOPなどに工夫が求められるという課題が明らかになりました。 また、単品商品ではインパクトがないため、多色展開やシリーズ展開の検討が課題となりました。 【事業内容等】 紙製品の製造販売 【設 立】 1995年8月 【所在地】 静岡県 【資本金】 3百万円 【従業員数】 5名 【商品概要】 「スリットファイル」 資料や書類を簡単に出し入れできる「クリアフォルダ」の特徴 と、バラけず整理しやすい「クリアファイル」のメリットを併せ もつ新タイプのファイルです。金具や穴あけ不要で、資料を 挟み込むだけのエコな商品です。(特許4411642号) 企業概要 静岡産業振興財団の出張相談会で販路開拓の相談を承り、支援に至ったもの です。 この商品をどのようなお客さまに向け、 どのようなデザインで、どのような流通 チャネルを通して、どのように販売して いったらよいのか。マーケティング企画 のブラッシュアップが課題となっていま した。 ターゲット顧客とポジショニングを明確化 することに取り組みました。具体的には、 ①使用用途を業務用からパーソナル用 へ変更、②顧客の効用を「資料の保管で はなく持ち運び易さ」に位置付けました。 新しいコンセプトに沿って、ノベルティ販 売業と大手の文具小売店をターゲットと する試作品づくりに取り組みました。 ‣ 支援の経緯 ‣ 販路開拓面での課題 ‣ テストマーケティングにあたって ‣ 販路開拓コーディネート事業での支援内容 「販路開拓コーディネート事業」 支援事例 ~ S社 ~ ‣ 成果と 今後の方向 【具体的な成果】 ①大手ノベルティ会社に金融機関向けノベルティの見積書を提出できました。 ②大手文具小売店と店頭での展示方法や商品ラインアップについて継続商談となりました。 【今後の取り組み】 ①ノベルティ企業に対する継続的、計画的な提案営業の推進 ②小売現場での店頭演出方法の確立と商品ラインアップの構築 社長は支援期間中に、10色のソリッドカラーシーリーズ展開やハンガー展示演出などを考案し、国際文具展に出展しました。支援終了後も積極的な営業活動を展開され、大手DIY店での採用が決まり、コーナー展開を実現しました。今後の事業の発展が期待されます。

元のページ  ../index.html#235

このブックを見る