販路開拓通信
209/526

想定した利用シーン・活用場面懸念される事項【想定される用途(使用場面)の現状】技術面・品質面・価格面 等競合面・販売体制・供給面等【使ってくれるヒトにとってのメリット・魅力】【最終ユーザーにとっての懸念事項】123【想定される用途(使用場面)の問題点】【買ってくれるヒトにとってのメリット・魅力】【扱ってくれる企業にとっての懸念事項】4  5【想定される用途(使用場面)での理想像】【売ってくれる企業側にとってのメリット・魅力】【自社の懸念事項】想定されるメリット想定販売先企業‣懸念事項の例 ‣使用シーン表の使い方 貴社の提供する製品・サービスを利用するユーザーにとっての懸念事項を整理します。 ①「備えあれば憂いなし」の姿勢で臨みましょう すべての懸念事項を想定しつくして、すべてに対応できるように準備 しておくことは不可能です。しかし、できる限り考えて準備をするよ うにしましょう。 ②実現可能な対応策を用意しておきましょう 様々な制約がある中で、懸念事項への対応に完璧を目指す必要はあり ません。ただ、見通しを示せるようにすることでアプローチ先に安心 を与えることができます。 ③原点に立ちかえって素直に意見を吸収しましょう アプローチ先のヒヤリングで出てくる懸念事項は宝の山です。自社が 市場で有利に闘うための糧となるものです。貴重な意見として受けと めるようにしてください。 次回の最終回は、 「ターゲットの絞り込み方法」について説明します。 貴社の製品・サービスを扱ってくれる代理店にとっての懸念事項を整理します。 木製部分は消毒できている? ハンドルの耐荷重は? 安定性は大丈夫? 看護師さんの考えた木製の点滴棒『feel』の懸念事項 1.患者(最終ユーザー)の懸念事項 ☆木製支柱部分の抗菌対応や消毒はしっかりできるのか。 2.病院(扱ってくれる企業)にとっての懸念事項 ☆安定性について、万一倒れて患者が怪我をしないか。 ☆従来品より高いので病院側で予算を取ってもらえるか。 3.自社の懸念事項 ☆ハンドルの荷重試験が、まだ、できていない。 ☆コストを下げるためには部材を大きなロットで購入し なければならない。現状、需要予測がついていない。 自社の不足するヒト、カネといった経営資源についての懸念事項を整理します。 ‣懸念事項の整理と対応策を検討するときのポイント ④

元のページ  ../index.html#209

このブックを見る