販路開拓通信
162/526

2名のコーディネーターと7社に19回の同行アプローチを実施!!☆想定した市場での仮説の検証評価・可能性として・・①産婦人科や小児科の看護師から、木の温かみ・柔らかな雰囲気、トータルデザインが、価格に見合う価値として認められました。②購買につなげるためには、安全面(消毒・構造・品質管理)の充実と、代理店向け営業手法の強化を求められました。課題・要望として・・①病院の中でも、特別室をもつ病院や小児科・産婦人科に力を入れている病院に注力した営業展開が望まれます。②経営資源を補完するため、代理店との取り組みに注力した展開が望まれます。【設立】2006年5月【所在地】福井県【資本金】3百万円【従業員数】1名【商品概要】DIV STAND(点滴棒)「feel」「患者さんはもちろん、医療従事者にとっても快適な医療器具であって欲しい」という思いから制作された製品です。企業概要中小機構北陸支部・関東支部が共同で開催している出張相談会でブラッシュアップを実施しました。製品コンセプト・機能性の優秀性に加えて、意欲ある社長の取り組み姿勢が評価されて、採択に至りました。同社社長が看護師としての14年間の経験を活かして開発された製品です。一方、①市場情報を収集しながら完成度をさらに高めること、②社長自身が営業ノウハウを蓄積すること、が課題になっていました。以下の分野に有効な使用シーンがあるとの仮説のもと、ネットワークを有する2名のコーディネーターを選定し、支援活動を開始しました。■想定した市場①小児科・産婦人科をもつ病院②医療機器販売会社③福祉機器レンタル会社‣支援の経緯‣販路開拓面での課題【アプローチ先での進捗】①受注・・・大手病院の特別診察室への納品が決定しました。②代理店内諾・・・大手医療機器販売会社での製品の取り扱いが決定しました。③見積書提出・・・中堅の臨床検査薬品販売会社からの要望で見積書を提出しました。アプローチ企業7社全てで、デモを実施でき、製品の完成度を高める情報を収集できました【今後の取り組み】看護師の高い評価を購買に繋げるために必要な安全面(消毒・構造・品質管理)の充実と、代理店向け営業手法の強化については、北陸支部の経営実務支援事業でフォローすることになりました。意欲ある社長の経営者としての成長に期待します。‣成果と今後の方向‣テストマーケティングにあたって‣販路開拓コーディネート事業での支援内容「販路開拓コーディネート事業」支援事例~M社~

元のページ  ../index.html#162

このブックを見る