販路開拓通信
160/526

掲示板■当事業へのお問い合わせは、販路支援課鈴木(TEL:03-5470-1638)が承ります。1)販路開拓コーディネート事業の支援終了企業が200社を突破!!!2)本年度3回目のオープンマッチング会を開催しました当事業での活動を目指す中小企業4社が販路開拓チーフアドバイザーとともにブラッシュアップしたマーケティング企画について、販路開拓コーディネーター(CO)の前でプレゼンテーションしました。その後、個別の検討会を実施し、意欲あるCOと活発な議論が交わされました。当事業の1号案件は、平成18年3月に支援を終了しました。それから5年を経て、平成22年12月に支援終了企業が200社に達しました。ここに至るまでの中小企業支援機関各位のお力添えに、厚く御礼申し上げます。当事業は売り先紹介や営業代行をしておりません。意欲ある支援企業のマーケティング力の向上と自律的な営業力の強化を目的としているからです。市場の声を活かすことに重きを置き、第一段階で販路開拓チーフアドバイザーとともに自社の強みが活きるターゲット等を仮説、第二段階で販路開拓コーディネーターとの市場アプローチを通じた仮説の検証を行っています。どうしても、目先の利益にとらわれがちですが、継続的なビジネスにはしっかりとした土台が必要です。当事業を通じて市場の声に真摯に対応し、支援終了後も体感した営業プロセス等を着実に実践いただいている支援企業ほど結果が出ています。支援終了後半年~1年の間に実施しているアンケートでは、約8割の支援企業から営業プロセスの進捗があった、とのご回答をいただいております。当事業に関心をお持ちの支援機関各位は是非、お問い合わせ下さい。200社目のナレッジアイティ社と田川CAD3)青島チーフアドバイザー(新任)のご挨拶私はAV機器メーカーで新商品開発やマーケティング業務に携わってきました。お客様の支持を得てヒット商品となったケースもありますが、競合商品との競争に巻き込まれ失敗に終わったケースも多く経験しました。失敗の理由は作り手志向に陥り、お客さまの価値の探究を怠ったことに尽きます。これまで培ってきたノウハウを生かし、中小企業の皆さんのお役に立てるよう頑張る所存です。

元のページ  ../index.html#160

このブックを見る