販路開拓通信
14/526

販路開拓コーディネート事業のQ&A~食品ルートのアプローチ編~A:商品によってアプローチの方法は違いますが、ここでは共通する留意点をお話します。1)お客様の目線で考えてみる:貴社の新商品でメリットを見出せる場面の絞り込みが必要です。①「誰でも」「老若男女を問わない」ではなく、年代、性別、家族構成ライフスタイルなどを明確にする②「単品での提供」にこだわらず、他の料理や食材との組み合わせメニューについて提案にすることが望まれます。2)必要なことを整理する:「作る人」「食べる人」の視点で提案することが必要です。また代理店を活用する場合、貴社の思いが伝わりにくいと思われます。①「手軽に栄養を摂取」だけではなく、どの程度(例:時間)手軽か②どの栄養素をどの程度(例:1日の必要量)摂取できるのか③保存方法、使用する調理器具、盛りつけ例など明確にしてください。また「安全」「安心」「品質管理」「地球/環境に優しい」などについて、HACCPやISO(9000s、14000s)などで評価されることがありますので留意ください。3)営業体制を再確認する:法規制・安全面・衛生面・業界の商慣習・契約条件をご存知ですか。BtoB、BtoBtoC、いずれも30~50%程度のマージンを求められます。物流費やリードタイムの対応にも配慮が必要です。Q:新商品を開発しました。食品ルートをこれから開拓したいのですが、留意点を教えてくれますかマーケティング企画のご相談でよくあるご質問と回答をご紹介します

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る