人吉校研修ガイド2018
21/36

コースNo.24生産性を向上させるリードタイム短縮の進め方コースNo.33利益向上のためのコストダウンの進め方研修期間 平成30年12月5日(水)~7日(金)【3日間/21時間】会場 人吉校 受講料 31,000円(税込) 定員 30名受講対象者管理者新任管理者受講対象者管理者新任管理者研修期間 平成31年2月18日(月)~20日(水)【3日間/21時間】会場 人吉校 受講料 31,000円(税込) 定員 30名研修期間 平成30年10月22日(月)~24日(水)【3日間/21時間】会場 人吉校 受講料 31,000円(税込) 定員 25名コースNo.19顧客からの信頼を高める品質管理の進め方受講対象者管理者新任管理者企業経営・経営戦略コース組織マネジメントコース人事・組織コース財務管理コース生産管理コース販売・マーケティング・商品開発コース 必要なモノを、必要な時に、必要な数量だけ、欲しいという顧客ニーズにより受注の多品種・少量と短納期化が進み、生産現場では生産計画の複雑化が生じています。 この研修では、多様なニーズに対応するための生産現場のリードタイム把握と短縮の方法を学んでいただくとともに、自社の生産計画改善策を考えていただきます。ねらい 国内のみならず、安価な輸入製品等との競争が激化する中、コスト競争に打ち勝つため、製造現場にはさらなるコストダウンが求められます。 この研修では、製造現場をモデル化した教材を使い、原価計算とコストダウンのポイントを学んでいただき、自社のコストダウン活動を改善し、利益を向上させるための実践力を高めていただきます。ねらい 取引先の求める品質レベルの高度化に対応するためには、出荷検査だけでなく全社的な品質管理の体制構築が必要です。 この研修では、顧客からの信頼を高め、品質不良による損失を改善するために品質を製造工程で作り込むQC(クオリティーコントロール)の考え方と、その管理の進め方を学んでいただくとともに、演習を通じて自社の課題の解決策について検討していただきます。ねらい(1)顧客の要求に応える納期管理と工程管理の 考え方(2)生産スケジュールの組み立て方(3)リードタイム短縮の具体的方策内 容(1)企業活動と原価管理(2)コストダウンの進め方(3)コストダウン実践(4)自社におけるコストダウン実践のポイント内 容(1)製造部門の役割に基づく品質管理の考え方(2)標準化の考え方と進め方(3)標準化とQC7つ道具による改善(4)QC7つ道具を活用した自社課題の検討内 容現場改善シリーズ④現場改善シリーズ⑤現場改善シリーズ③19

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る