HI-Cule Journal 2017年度
9/16

1 212・213・216号室 株式会社浜名湖国際頭脳センター 303号室 MQエンジニアリング株式会社 HI-Cube journal 2017・秋 浜松イノベーションキューブ Vol 82 新規入居企業紹介 平成29年10月入居 P2展示会出展 ◆ビジネスマッチングはままつ2017開催(7/19-20) ◆産業振興フェアinいわた 開催(9/29-30) P1新規入居企業紹介 ◆株式会社浜名湖国際頭脳 センター ◆MQエンジニアリング 株式会社 P4HI-Cubeイベント ◆第19回交流会 (8/23)開催 ◆第27回懇話会 (9/28)開催 ◆HI-Cubeからのお知らせ・編集後記 P3展示会出展・来訪 ◆InterOpto2017 (10/4~6開催) ◆BioJapan2017 (10/11~13開催) ◆中国浙江省長期調査員来訪 目 次 設立年月:1989年4月 代表取締役社長:森永 春二 TEL: 053-416-4000 FAX: 053-416-4001 H P: web@hamanako.co.jp ●入居者の皆様へ一言 入居企業の中にはものづくり企業だけでなくIT関連の企業も多く、当社との事業連携や事業者への情報提供等により、皆様にも有益となるよう尽力しながら、当社の事業を一層拡大させて参ります。 ●会社概要 当社は地域中小企業の産業高度化及び地域情報関連人材の育成を目的として、行政機関並びに民間企業より出資を受けて平成元年に設立された会社です。 当社は「システム開発事業」「地理情報システム開発事業」「人材育成事業」「ITコンサル・調査事業」「IoTプラットフォーム構築事業」を主な事業の柱として展開しております。 ●HI-Cubeでの活動内容 新規事業である「IoTプラットフォーム構築事業」では、先駆けとして「AI(人工知能)活用の英会話学習支援ロボット(チャーピー)」の研究開発を通じて、IoT基板及びクラウドの開発を進めております。 また、平成25年度より開発・運用を開始し、営業の成果が表れつつある「民間向け地理情報システム開発事業(FAST)」の開発、展開を加速化していきたいと考えております。 設立年月:2016年7月 代表取締役:古屋 美幸 TEL: 053-523-6900 FAX: 053-523-6900 【会社概要】 中小型モータの設計開発を中核とする、エンジニアリング会社として昨年7月に設立し、技術コンサルや設計開発の業務をスタートさせました。近年、電動自動車や産業&民生ロボット分野に於いて新たな要求が数多く出てきており、モータ及び周辺装置も含めた事業に取り組む予定です。 【HI-Cubeでの活動内容】 顧客や技術動向を的確に掴み、製品設計開発の拠点として、また次世代モータの研究開発拠点として環境整備しながら活動していきます。 【自己紹介】 長年大手の企業で一貫してモータ開発や事業に携わってきました。昨年の退職を機に、これからは更なるモータ技術&事業の進化・発展が不可欠との想いで起業しました。 【入居者の皆様へ一言】 HI-Cube入居判断には、新しい事業&技術に取り組む皆様との交流で、刺激を頂けることや、新たな協力関係が構築できる可能性への期待が有ります。宜しくお願いいたします。

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る