HI-Cule Journal 2017年度
6/16

2 313号室 株式会社エフトス 今年初めにシリコンバレーに滞在して体験したことを語って頂きました。経済産業省が実施した「グローバル起業家育成プログラム」において選抜された20名のシリコンバレー派遣メンバーの1人として土井社長が参加したものです。ワークショップ、企業訪問、一日でビジネスプランを作成して現地の投資家や起業家への発表を行うなどの活動を行いました。多様な人材や失敗を許容する文化など最先端を行く現場を見て大いに刺激となったとのことです。(関連詳細記事をP3に掲載) 創意・工夫された優れたオフィスを毎年表彰する日経ニューオフィス推進賞という賞があります。昨年はサントリーワールドリサーチセンター(京都府)が第1位を獲得しました。身近なところでは浜松市㈱ROKIグローバル本社が10年前、同賞を受賞しています。 近代オフィスの原型は米エンジニアのF.W.テーラーによる“教室型”レイアウト(1904年~)から始まりました。そして、オフィスの役割は監視から管理へ、自立性、創造性重視へと時代とともに変化してきました。これからは個人の力とチームの力とのバランス、すなわち効率性(ルーティンワーク)と創造性(イノベーション)が各々発揮できるようなスペースとすることが重要となります。 創意・工夫されたオフィスは、社外的には企業のイメージアップに繋がります。また、社内的には従業員のモチベーションを向上させ作業効率や売上倍増など大きな効果が期待でます。 設立年月:2002年6月 代表取締役:友久 千秀 TEL:053-401-2207 FAX:053-401-2208 メール:tomo@fts-com.jp HP:http://fts-com.jp ◆会社概要 高齢者向けの介護記録システム(FTcare-i)を中心に開発を手掛けておりますが、近年は障がい者施設や児童養護施設の記録システムに取組んでおります。 新機能としてウェアラブル端末やBluetooth対応血圧計などから記録システムにデータを自動で取組むアプリなどを開発・販売しております。また、2年程前から販売店様の販売網により全国展開しております。 ◆HI-Cubeでの活動内容 介護現場で活用される記録システムを開発しており、全国へ発信していくための開発拠点及び販売拠点として入居させていただきました。 ◆自己紹介 湖西市にある自動車部品製造会社に勤めていました。16年前に浜松市大平台で起業し5年前からクラウド型介護記録システムの開発に着手して現在に至ります。 ◆入居者の皆様へ一言 出来るだけ皆様と情報交換できるように務めてまいります。ビジネスに於いても協業できるようなことがあれば幸いです。 ☆第24回懇話会開催 :4月20日(木) 話題提供:㈱SPLYZA 代表取締役 土井寛之氏 テーマ:シリコンバレー見学記 第25回懇話会開催 :5月31日(水) 話題提供:新栄事務機㈱ 代表取締役 上村篤氏 顧問 粂田啓次氏 テーマ:最近のオフィスのトレンド 新規入居企業紹介 平成29年7月入居 HI-Cube懇話会開催

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る