HI-Cule Journal 2017年度
2/16

2 HI-Cube懇話会開催 新年交流会開催 新年交流会を1月26日夕方に会議室で開催し、入居企業から15名IM室から5名が参加しました。オプトメカトロ久米社長の乾杯ご発声で始まり、新規入居されたキーゼンレーザー大村代表の挨拶、各テーブルにおける酒色をともにした会話など談論活発、懇親を深めることができました。次回開催時にも多数の参加をお待ちします。 ☆第22回懇話会 : 2月1日(水) 話題提供 : ㈱CFlat 代表取締役 佐海文隆氏 テーマ : 「Unityで作るスマホアプリ・VRゲーム」 ゲームエンジンの1つであるUnityを使って、実際にコンピュータゲームを作る方法を解説して頂きました。 具体的には、 ・コインを一枚作って下の台に落とす。 ・次に、コインが複数枚連続で出てくるように、下の台も 往復運動をさせる。 ・受け台にコインが積み上がり、崩れ、溢れたものはさらに 落下する。 ・それらは廃棄処分になるが、標的に当たれば点数が入っ てコインが増える。 というゲームを実際にプログラムを組みながら、試行錯誤して作っていく様子を実演していただきました。 ☆第23回懇話会 : 3月23日(木) 話題提供 : ㈱オプトメカトロ 代表取締役 久米英浩氏 テーマ : 「光と生活(その2)」 どのような光が私たちの生活に役立っているのか、ということについてお話していただきました。 ・光の性質・振る舞い:光の波長による分類と単位、光テクノロ ジーの応用例と従来手法との比較など。 ・光の生活への応用:レーザ光線で月までの距離を測れること、 光ファイバーケーブルによる光通信シス テム、X線異物検出機、X線CT装置など。 ・最近の話題として:自動車の衝突防止装置に使われるミリ波 レーダー、植物栽培工場に利用される半導 体レーザなど。 また、㈱オプトメカトロさんが最近開発した農水産物検査に用いる小型汎用赤外線分析装置の説明がありました。2月にテレビでも紹介された製品です。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る