平成27年度 ハンズオン支援事例集(専門家派遣制度)
24/58

28企業の潜在能力を引き出すパートナー的伴走支援で更なる成長基盤を創造 旭川ファクトリーでスタートした専門家継続派遣事業により急速に現場改善が進行。平行してCIO育成支援によるお客様との関係強化を目指したBtoC戦略立案とその実現のためのシステム導入に着手。その後、お客様に提供する価値の更なる向上を目指したバリューチェーンプロジェクトが始動した。後発のバリューチェーンプロジェクトが先発の2つのプロジェクトを繋ぎ合わせ、一気通貫の複合支援に展開している。企業概要 当社は、イタリアのアルフレックス社で家具作りを学んだ創業者が、日本での販売権と日本オリジナルデザインの製造権を得て帰国し、昭和44年(1969年)に設立した会社である。設立以来、アルフレックス社のブランドを冠しながら、独自の家具作りを育て進化し続けている、いわば「イタリア生まれの日本育ち」の家具メーカーである。 当社の目指すところは、家具とともに始まる豊かな生活をお届けする「ライフスタイルファニチャーブランド」である。当社の追及する家具は「生活の道具」であり、何年経っても飽きることのないシンプルなデザインと使い勝手や快適さを大切にし、使う人に寄り添う家具づくりを信条としている。そして長く安心してお使いいただくための耐久性とディテールへのこだわり、将来のメンテンナスに配慮した家具づくりとアフターサービスの体制づくりを追求している。 当社は、主力商品のソファーを旭川ファクトリー(自社工場)にて製造している。また、その他の商品群は、全国各地の選りすぐりの協力工場に製造を委託している。そして全ての商品は、川崎センター(物流拠点)に集められ、全国各地のお客様にお届けしている。 販売チャネルとしては、東京・大阪・名古屋の直営店、札幌、福岡のエリア代理店に加え、百貨店・ハウスメーカー・建築設計事務所等々多岐にわたる。直営店はお客様に直接販売するBtoCの流通形態であるが、その他は中間に第三者が介在する所謂BtoBの流通形態となっている。経営基盤強化型企業の潜在能力を引き出すパートナー的伴走支援で更なる成長基盤を創造指導という視点ではなく伴走するパートナーの立ち位置で、企業の持っている潜在能力を引き出すことに注力。的確な指摘と刺激をタイムリーに提供することで、意識の高いプロジェクトメンバーが自ら考え自ら動くようになり、この強力なエンジンでネクストステージへテイクオフ!北海道本部 チーフアドバイザー 山中 文雄企業名 株式会社アルフレックスジャパン業 種 家具製造業本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 7F旭川ファクトリー 北海道旭川市工業団地1条1-2-15資本金 100百万円設 立 昭和44年10月売上高 3,963百万円(平成27年2月期)従業員 139人株式会社アルフレックスジャパン主力商品のソファーを製造する旭川ファクトリーアルフレックスジャパンの旗艦店「東京ショップ」

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 24

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です