平成30年度版 中小企業事業経営者のための事業承継対策
5/52

− 3 −Copyright ©2018 SMRJ All rights reserved また、先代経営者と後継者との関係も変化しています。かつては、親族内承継が全体の9割以上を占めていましたが、近年では親族内承継が減少してきており、親族内での後継者の確保が困難になってきています(図表2)。図表2:先代経営者との関係の変化20年以上前(n=446)10~19年前(n=348)0~9年前(n=507)20年以上前(n=441)10~19年前(n=588)0~9年前(n=1,105)0%100%資料:中小企業庁委託「中小企業の事業承継に関するアンケート調査」出典:「中小企業白書(2013年版)」中小企業庁(2012年11月、(株)野村総合研究所)①小規模事業者(常時雇用する従業員が、卸売業、サービス業、小売業で従業員5人以下、その他の業種で20人以下の中小企業)②中規模企業(小規模事業者以外の中小企業)61.314.413.810.573.910.99.55.783.410.13.82.743.111.024.621.463.115.315.66.083.08.44.83.9社外の第三者親族以外の役員・従業員息子・娘以外の親族息子・娘資料:中小企業庁委託「中小企業の事業承継に関するアンケート調査」(2012年11月、(株)野村総合研究所)出典:中小企業庁「中小企業白書(2013年版)」

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る