平成30年度版 中小企業事業経営者のための事業承継対策
25/52

− 23 −Copyright ©2018 SMRJ All rights reserved2.会社の魅力の「磨き上げ」•「売れる」会社になるためには、会社の魅力の「磨きあげ」が重要です。•現時点で会社を売却した場合の価格の目安を試算し、企業価値を向上するための指標とすることが有効となります。【会社の魅力の「磨き上げ」のポイント】•業績の改善、無駄な経費支出の削減•会社の「知的資産」(強み)の認識、見える化とその活用•貸借対照表のスリム化、オーナーと企業との線引きの明確化3.各種支援策の活用•「事業引継ぎ支援センター」では、事業の引継ぎ先企業との引き合わせ(マッチング)、契約締結に向けた支援を行っています。(46ページ参照)•中小機構では、民間の投資会社や金融機関等と共に、事業承継を支援するファンドを組成しています。(46ページ参照)•株式会社日本政策金融公庫では、後継者不在等の企業をM&A等により取得するための資金について融資を行う制度があります。(43~45ページ参照) 親族外承継(第三者)には、会社への引継ぎ(M&A)と個人への引継ぎがあります。詳細な説明は、「事業引継ぎハンドブック」(中小企業庁)をご参照下さい。http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2015/150407hikitugi2.pdf

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る