農商工連携・地域資源活用・新連携ハンドブック
3/43

2農商工連携P3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・農商工連携とは■根拠法:農商工等連携促進法■主なメリット:専門家による事業計画作成サポート、       補助金、融資、信用保証農・林・漁業と商工業でタッグを組みたい!農商工連携へGO!P5・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・地域資源活用とは 地域の強みとなりうる農林水産物、鉱工業品及びその技術、観光資源等の地域資源を活用して新商品・新サービスの開発、生産等を行い、需要の開拓を行うことをいいます。■根拠法:中小企業地域資源活用促進法■主なメリット:専門家による事業計画作成サポート、       補助金、融資、信用保証、中小企業投資       育成株式会社の特例、商標登録料等の       減免措置地域の特産物や観光資源を活かしたい!地域資源活用へGO!認定認定P7・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新連携とは 事業分野を異にする複数の中小企業が有機的に連携し、その経営資源を組み合わせて、新事業活動を行うことにより、新たな事業分野の開拓を図ることをいいます。■根拠法:中小企業等経営強化法■主なメリット:専門家による事業計画作成サポート、補助金、       融資、信用保証、中小企業投資育成株式会社の       特例、特許料等の減免措置異分野の企業や大学・研究機関と連携したい!新連携へGO!地域資源活用新連携農商工等連携促進法農林漁業者・中小企業者が連携体を構築農林漁業者・中小企業者が共同で「農商工等連携事業計画」を作成し、国に申請主務大臣の認定(農林水産大臣・ 経済産業大臣等)各種支援措置(補助金、融資の特例・金利優遇、信用保証の特例等)の活用新商品・新サービスの開発・生産等及び需要の開拓新商品・新サービスの開発・生産等及び需要の開拓中小企業地域資源活用促進法都道府県が意見を付与して国へ提出中小企業者が「地域資源活用事業計画」を作成し、都道府県に申請主務大臣の認定(経済産業大臣等)主務大臣の認定(経済産業大臣等)各種支援措置(補助金、融資金利の優遇、信用保証の特例等)の活用中小企業新事業活動促進法異分野の中小企業者が2者以上で連携体を構築中小企業者連携体が共同で「新連携計画」を作成し、国に申請各種支援措置(補助金、融資金利の優遇、信用保証の特例、特許料の減免措置等)の活用新事業分野開拓大学・研究機関等大学・研究機関等中小企業(異分野)中小企業(異分野)中小企業(コア企業)中小企業(コア企業)新事業分野開拓新事業分野開拓新事業活動新事業活動経営資源経営資源経営資源農林漁業者と商工業者等の強みを活かして新事業に挑戦!農林漁業者と商工業者等の強みを活かして新事業に挑戦!認定 農林漁業者と商工業者等が通常の商取引関係を超えて協力し、お互いの強みを活かして売れる新商品・新サービスの開発、生産等を行い、需要の開拓を行うことをいいます。

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る