農商工連携・地域資源活用・新連携ハンドブック
11/43

10調査分析、新商品・新役務の開発(試作、研究開発、評価等を含む)、展示会展、知的財産に係る調査等の事業に係る経費の一部を補助します。が増資等を行う場合、資本金3億円を超える株式会社であっても投資育成会社の投資対象に追加されます。 技術に関する研究開発事業による成果について、中小企業者が特許出願を行った場合、審査請求料・特許料(第1~10 年)を半額に軽減できます。基づき、 地域団体商標の登録を受ける際の登録料・手数料れ別枠で同額の保証を受けることができます。ことができます。る制度で、食品の製造等の事業を行う中小企業者は、当該詳しくはお問い合わせ時にご確認ください。型の場合:500万円(4社以上のグループの場合:2000万円)、資源活用支援事業の場合:1000万円、3~5回:1/2以内問い合せ先:九州経済産業局ループ、組合等)が、事業計画を実行する際に必要な土地、設備資する場合、中小機構が市区町村に融資を行います。問い合せ先:独立行政法人中小企業基盤整備機構問い合せ先: 財団法人食品流通構造改善促進機構構造改善部問い合せ先: 九州経済産業局特許室 中小企業・小規模事業者等が他の事業者及び大学・公設試等と連携して行う新しいサービスモデルの開発について、 研究員費、 知的財産権関連経費、 展示会等への出展経費など、その費用の一部を補助します。  4者以上が連携して行う事業に必要な生産・加工施設等の設備資金について、中小機構が都道府県と協力して融資を行います(無利子)。補助金限度額3,000 万円、補助率2/3 以内問い合せ先:九州経済産業局問い合せ先:独立行政法人中小企業基盤整備機構問い合せ先: 各県信用保証協会問い合せ先: 東京・名古屋・大阪中小企業投資育成株式会社問い合せ先 : 九州経済産業局特許室問い合せ先:株式会社日本政策金融公庫の各支店地域資源活用事業新連携事業問い合せ先:株式会社日本政策金融公庫(中小企業事業)問い合せ先:各県信用保証協会問い合せ先:国税庁、国税局(事務所)または税務署の税務相談窓口中小企業庁 財務課税額控除または30%の特別償却を受けることができます(資本金が3千万円を超える法人は特別償却のみ)。所有権移転外ファイナンス・リース取引によりに対して債務保証を行うことにより、海外子会社等は現地通貨等外貨建てでの資金調達支援を受けられます。を行う制度である海外投資関係保険の保証限度額が2億円から4億円(組合は4億円から6億円)に拡大されます。◆ 商業・サービス競争力強化連携支援事業◆ 高度化融資制度資制度社の特例◆ 特許料の減免措置の減免

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る