ベンチャー企業の人材確保に関する調査
88/132

- 85 - 4.2株式会社ヴィレッジ・ヴァンガード・コーポレーション 会社名 株式会社ヴィレッジ・ヴァンガード・コーポレーション 代表者名 代表取締役会長 菊地敬一 代表取締役社長 白川篤典 所在地 愛知県名古屋市名東区上社1丁目901番地 設立年 1998年5月 (創業 1986年11月) 資本金 2,242,489千円 (2010年5月末日現在:連結) 従業員数 正社員323名+臨時雇用者2,510名 業種・主な事業 「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を複合的に陳列して販売する小売業。 385店舗 (直営358店+FC27店) はじめに 書籍だけでなく、雑貨・CDやDVDなど、多彩で楽しい品揃え、めくるめくような陳列でおなじみの「ヴィレッジ・ヴァンガード」。今回調査をすすめるなかで、「同社の正社員は、全員がアルバイトからスタートするらしい」との情報を耳にした。さっそく同社の企業サイトの「採用情報」30のページを見てみるとたしかに、 とだけ、あっさりと書かれている。創業直後の書店ならまだしも、同社はすでにJASDAQスタンダードの上場企業である。それなのにアルバイトしか雇わないというのは、いったいどういうことなのだろうか、背景にはどんな人材確保戦略を潜めておられるのだろうか・・・そのような疑問を抱えて、名古屋にある本社にお邪魔した。 創業期から成長期へ ヴィレッジ・ヴァンガードはもともと、1986年に現代表取締役会長 菊地敬一氏が名古屋で開業した個人商店であった。当初は専門書を扱う書店を創ろうと考えていたのだという。やがて、雇っていたアルバイト店員が正社員にして欲しいと言うので、菊地氏は「店舗1つで2家族は食えないな・・・」と考え、「しょうがないから」と、新たな店を出し、その社員にのれん分けをして任せることにしたという。その後も、しようがないな、しょうがないなで出店を重ねてきたのだとのお話だった。ちなみに、「ヴィレッジ・ヴァンガード」という店名は、ニューヨークにあるジャズクラブの名前を借りたものだという。この 30 http://www.village-v.co.jp/saiyo/index.php(2011年2月8日アクセス) お問い合わせありがとうございます。 最初は、アルバイトからスタートしていただきます。 アルバイト採用についてはご希望の勤務地にお問い合わせください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 88

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です