ベンチャー企業の人材確保に関する調査
82/132

- 79 - 添付資料編 4.添付資料① 企業ヒアリング結果とりまとめ 4.1株式会社アプレッソ 会社名 株式会社アプレッソ 代表者名 代表取締役社長 長谷川 礼司 代表取締役副社長 小野 和俊 所在地 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル 2F 設立年 2000年4月3日 資本金 2億6,700万円 従業員数 約40名 業種・主な事業 「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに創られた、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジューラ連携・自動同期ソフトウェア製品「PIMSYNC」、の開発・販売・サポート を中核とするソフトウェア事業 はじめに 本調査研究の実施に当たって、Webで先行調査をしてみたところ、「米国ではTwitterなどのソーシャルメディアを使った採用活動が盛んらしい」ということがわかった。日本ではそのような動向はないものかとネット検索を繰り返していたところ、その先駆的事例として、ソフトウエア開発のアプレッソ社を知ることとなった。ソーシャル・リクルーティングとは実際にはどのように進めていけばよいのか、それはベンチャー企業にとってどのようなメリットや意味あいを持つのかについて、CTOでカリスマブロガーでもある小野副社長、企画部の伊藤部長に、技術者採用の文脈でお話を伺うことが出来た。小野CTOは、米サンマイクロシステムズに勤務後、24歳でアプレッソを起業なさった。「76(ナナロク)世代」を自認なさっておられる。 技術者採用は「直接取引」の時代 人材募集の際には通常、求人広告や人材紹介会社を利用するものかと思われるが、小野CTOによると、同社の技術者(経験者)の人材確保は全くそのようになっていないとのことだった。 「人材紹介や求人広告サイト経由で応募してくる技術者の人は、いまはあまり優秀な

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 82

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です