ベンチャー企業の人材確保に関する調査
8/132

- 5 - 図表 1-2 ベンチャー企業の定義 ベンチャーの定義とは?起業家的であることE(固有値):23.6イノベーションE:10.0組織創造E:5.8価値創造E:5.3•マネジメント・リスクを取る(.889)•財務リスクを取る(.864)•ハードワーク(.847)•粘り強さ(.840)•社会的リスクを取る(.826)•サービスのイノベーション(.878)•市場ニーズに新手法で応える(.840)•製品のイノベーション(.825)•市場のイノベーション(.825)•技術のイノベーション(.795)•認識した機会に資源を持ち込む(.744)•機会と資源を統合し、製品やサービスを創造する(.734)•付加価値を創造する(.725)•事業変革による付加価値創造(.784)•新規事業の創造(.587)•組織の成長戦略(.547)( ) 内は相関係数ベンチャーの定義とは?起業家的であることE(固有値):23.6イノベーションE:10.0組織創造E:5.8価値創造E:5.3ベンチャーの定義とは?起業家的であることE(固有値):23.6イノベーションE:10.0組織創造E:5.8価値創造E:5.3•マネジメント・リスクを取る(.889)•財務リスクを取る(.864)•ハードワーク(.847)•粘り強さ(.840)•社会的リスクを取る(.826)•サービスのイノベーション(.878)•市場ニーズに新手法で応える(.840)•製品のイノベーション(.825)•市場のイノベーション(.825)•技術のイノベーション(.795)•認識した機会に資源を持ち込む(.744)•機会と資源を統合し、製品やサービスを創造する(.734)•付加価値を創造する(.725)•事業変革による付加価値創造(.784)•新規事業の創造(.587)•組織の成長戦略(.547)( ) 内は相関係数 資料;Gartner (1990) より作成 1.3. 調査対象および想定読者層について 本調査研究は、創業期後半から成長期前半の成長ステージにあるベンチャー企業経営者の人材確保に資することを目的として行った。その理由は次の通りである。ここで、創業期・成長期といった用語は、Smith他(1985)7が他の多くの研究者の説を横断的にまとめた、ベンチャー企業のライフサイクルについての定義とその考え方を参考とすることとする(図表 1-3)。 すなわち創業期とは、起業家本人の主観的な意思決定を中心に、会社が有機的・流動的に運営されている状態であり、あらかじめ定められたルーチンワークは存在せず、少数のスタッフが「何でも屋」的に仕事をこなしているような状態であるといえる。他方で成長期とは、事業の成長につれて社員も増加、フォーマルなルールやマネジメント・システムが導入されはじめ、特定業務ごとの専任スタッフが効率よく仕事をこなしていくことが求められるような状態であるといえる。フォーマルなマネジメント・システムの導入は、IPOを目指す企業にとってはひとつの要件ともなる。 7 Smith K. G., Mitchell T.R., Summer C.E.(1985) Top level management priorities in different stages of the organizational life Cycle, Academy of Management Journal; Dec 1985; 28, 000004; pg. 799

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 8

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です