ベンチャー企業の人材確保に関する調査
37/132

- 34 - 2.5. 株式会社平成建設 会社名 株式会社平成建設 代表者名 代表取締役 秋元 久雄 所在地 静岡県沼津市 設立年 平成元年2月8日 資本金 9,000万円 従業員数 452名 業種・主な事業 建築工事全般、不動産業 ●「大工」仕事の再定義 ・かつての建築現場では、大工の棟梁を頂点として、その下に大工や職人、さらに作業員などがいるというピラミッド構造が見られた。大工は現場のトップであり、設計・監督・人材育成など、オールマイティに何でも出来る人であった。工法やものづくりの技術、知恵と教養、美的センス、マネジメントにいたるまで、すべてを備えていないと出来る仕事ではなかった。 ・しかし戦後、建設の工業化・分業化が進み、下請け・再下請けが当たり前になると、大工や職人を育てる仕組みが無くなった。そこで「職人」を育てる会社を作りたい、と言う思いから、平成建設を設立した。 ・大学での勉強は大工になるためには役に立たない。そもそも教える人もいないし、学校は「文化」を教えることは出来ない。 ・従来、「大工」になりたいという人は、棟梁に弟子入りするくらいしか方法がなかった。当社は大工になりたい人たちが駆け込む場となった。本来の大工を育てようとすると、頭が良くなければ出来ないので、結果的に高学歴者を採用するようになった。 ・「大工」は数が減っているだけでなく、高齢化が著しく、このままではいなくなってしまう。だから、時間がたてばたつほど、当社が希少性を得ることになると見ている。 ●就職希望者へのアピール ・「大工」という価値観を変えようと、情報発信をしつづけた。講演会で話し、本を著し、テレビにも出演した(「カンブリア宮殿」番組にも出演)。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 37

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です