ベンチャー企業の人材確保に関する調査
35/132

- 32 - 2.4. 株式会社ノバレーゼ 会社名 株式会社ノバレーゼ 代表者名 代表取締役社長 浅田 剛治 所在地 東京都中央区銀座 設立年 2000年11月1日 資本金 5億9,500万円 従業員数 504名(パート・アルバイトを除く) 業種・主な事業 婚礼プロデュース業、婚礼衣装事業、ホテル・レストラン事業 ●応募・採用実績 ・2010年に創業10周年を迎えたノバレーゼでは、「会社の柱は人である」との考え方のもと、創業初年度より新卒採用に注力していた。 ・特に女性にとってあこがれのブライダル業界と言うこともあり、設立当初から多数の応募があった。同業他社も同様ではないかと思う。 ・現在の社員数構成は、正社員約500名、アルバイト約300名(施設のサービススタッフ)。女性社員が多く、寿退社などもあり、離職率はやや高めの約20%となっている。 ・応募者の9割は女性であるが、採用実績は男性6割、女性4割といったところである。 ●選考方法について ・社長のお考えもあり、多数の応募者を絞り込んでいく採用手法を作り上げていくことに注力している。 ・選考プロセスの特長は、内定までに面談を何度も繰り返すところにある。多い人で面談回数は10回にのぼる。 ・現場のスタッフやマネージャとの面談も行い、同時に会社のいろいろな場面を学生に見せるようにしている。 ・全体的に言って、ふるい落としていく「選抜」のプロセスというよりは、「採用したいと思う人材の志望意欲を醸成させる」プロセスである。 ・当初面接で必ず、「学生時代に熱中したこと」を聞く。その回答から、当該応募者がもともと持ち合わせている人間的要素を見いだし、「自分らしい生き方」を実現できるのは当社であるという思いを醸成させていく。 ・「このマネージャと面談するならここまで志望度を高めてもらいたい」といった計画やシナリオもある。 ・採用活動は、社内の他部署からの人員も投入して、全社を挙げて行っている。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です