ベンチャー企業の人材確保に関する調査
34/132

- 31 - いところで、社長自身が着目して引っ張り上げてみるようにしているという。 ・ここ2,3年はダイバシティを意識している。価値観の違う人を採用したいと考え、外国人も採用している。変化に強い組織作りを目指している。 ・過去、日本語が出来ない韓国人を採用した。ECの勉強をして自国に持ち帰りたい!という「志」が強くて良い。 ●後輩ベンチャーへのアドバイス ・採用面接の段階で何か気になる点があると、その点が採用後に大きくなることがあるので、しっかりクリアにしておく必要がある。 ・とはいえ、理想的な人材を待ち続けてみても青い鳥であるので。価値観は合っているか、必要な仕事は出来るか、を確かめた上で、一緒に育っていく仲間だと思って、採用を推し進めていくべきだと思う。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です