ベンチャー企業の人材確保に関する調査
30/132

- 27 - 2.2. 株式会社ヴィレッジ・ヴァンガード・コーポレーション 会社名 株式会社ヴィレッジ・ヴァンガード・コーポレーション 代表者名 代表取締役会長 菊地敬一 代表取締役社長 白川篤典 所在地 愛知県名古屋市名東区上社1丁目901番地 設立年 1998年5月 (創業 1986年11月) 資本金 2,242,489千円 (2010年5月末日現在:連結) 従業員数 正社員323名+臨時雇用者2,510名 業種・主な事業 「遊べる本屋」をキーワードに、書籍、SPICE(雑貨類)、ニューメディア(CD・DVD類)を複合的に陳列して販売する小売業。 385店舗 (直営358店+FC27店) ●創業経緯 ・ヴィレッジ・ヴァンガードは元々1986年に創設者の菊地氏が書籍・雑貨をあつかう個人商店として名古屋で創業した。やがて、アルバイト雇用していた者の希望を受けて社員に転換したが、その際に別店舗を出店して任せることにした。 ・そのとき以来、「何をしてもいい」と、店長に大幅に権限を委譲している。腕を上げて店を大きくしていくことがモチベーションになるという考え方である。現在、多くの店で扱っているファンシー雑貨やフィギュアなどは、必ずしも菊地氏の趣味とは相容れるものではない。 ●アルバイト採用 ・社員は今でも最初は必ずアルバイトとして採用している。アルバイトにも仕入れや陳列を任せている。やがて「アルバイト店長」が台頭し、平均4年程度かけて社員店長として登用される。全店舗の2,3割が、アルバイト店長によって運営されている。人材育成も、エリアマネージャの監督の下、店舗単位で行う。 ・アルバイトの時給は、その地域の最低水準賃金と決められている。交通費も支給されない。アルバイトにも転勤があるのだが、たとえば東京から沖縄に転勤すると、地域の最低水準賃金の違いから、給与は下がることになる。「どうしても働きたい」という人を選び出す考え方が背景にあるが、アルイバイト社員側にも辞める権利はあると認識している。平均4年かけて面接をしているかのような効果をあげている。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です