中小企業が海外事業を成功させるための方法
28/36

海外事業見直し時のフレームワーク(チェックポイント)「海外事業見直し時のフレームワーク(図)」(26ページ)とともに以下のポイントを確認しましょう。日本本社の海外事業戦略から見て、現在の海外事業は今後も必要ですか?  現在の海外事業は海外進出時等に決めた「撤退基準」に照らし  抵触していませんか?進出先国・地域における撤退の方法(法律)を知っていますか?撤退をする際、国によっては、日本と比べて時間やコストがかかることを知っていますか?撤退(移転を含む)には、合弁解消、従業員解雇、税制の問題等、専門的な知見が必要となりますが、弁護士などの専門家に相談していますか?海外事業の業績が不調の場合、その原因を把握できていますか?  業績悪化の原因を把握できている場合、今後改善する見込みが  ある(ない)ことを根拠をもって説明できますか?    独力で立て直せない場合、その海外事業は進出国で    必要とされている事業であり、アライアンスを期待できますか?      アライアンスを期待できる場合、事業継続の方法      (提携等)の検討は十分ですか?

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る