中小企業が海外事業を成功させるための方法
15/36

解説編●海外事業の撤退も視野に入れた検討を行う際、まずは業績を改善させる方法がないか検討を行います。●そのうえで、自社単独での立て直しが困難な場合、他の企業と提携するなどして事業を存続できるか等、幅広い選択肢を持つことが必要です。さらに、撤退にあたっては、撤退後の事業モデルを予め検討しておく必要があります。●なお、撤退(移転を含む)を決める際や決めた後は、進出先国・地域の法律・制度をきちんと理解し、専門家に相談するなどして手続きを行いましょう。撤退を含む意思決定を行う際は、第三国への移転やアライアンスによる事業継続の可能性についても十分に検討しましょう。 海外事業見直し時のフレームワーク(26・27ページ参照)海外事業を見直す際の考え方を簡単に示したフレームワークです。ぜひご活用ください。

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る