基礎からわかる海外リスクマネジメントガイドブック
16/24

16 バックオフィスリスク 13 税務手続きに関するトラブル 税務調査への対応不備や、税の申告誤りなどのリスクです。 当局により頻繁に規制・運用が変更されている。 税制変更等の情報収集などの手続きについて専門家に相談していない。 適切に税務調査に対応できるよう関連書類を整理していない。 税務担当者を選任・育成できていない。 進出先の税務調査での指摘事項への対応が進んでいない。 14 従業員等による不正行為 不適切な帳簿管理や、経費・会社備品・商品等の不正使用などのリスクです。 経理、営業機密に関する業務、在庫管理等、不正が起きる可能性のある業務を特定していない。 不正が起きる可能性のある業務について、担当の異動が長期間なされていない。(人事ローテーションを実施していない。) 不正行為の定期監査・抜き打ち監査を実施していない。 管理者が実務内容や手順を把握できていない(担当者任せになっている)。 従業員の不正行為の発生件数が増加傾向にある。 15 人材確保の障害 人件費の高騰や、有能な人材の採用困難、人材の未定着(ジョブホッピング等)などのリスクです。 現地の雇用情勢を踏まえた採用条件や賃金体系となっていない。 従業員を定着させるための取組み(賃金、福利厚生に関すること)をしていない。 ノウハウ・スキルが経験の浅い従業員に共有・伝承されていない。 従業員の離職や欠勤が増加傾向にある。

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る