基礎からわかる海外リスクマネジメントガイドブック
12/24

12 リスクに関する簡易チェックリスト 以下のチェックリストを活用し、海外拠点のリスクを把握しましょう。チェックが多い項目はリスクが大きい可能性があります。 調達リスク 1 インフラの未整備 公共交通機関・飛行機・船舶の不通・遅延、電気・水道・通信網の途絶などのリスクです。 主要交通機関の不通・遅延発生率が増加傾向にある。 停電、断水、通信途絶等の不具合の発生率が増加傾向にある。 停電、断水、通信途絶発生時に備えたバックアップが計画されていない。 他拠点での代替生産・製品供給ができない。 原材料等のサプライヤーを複数確保できていない。 2 現地パートナー・提携先とのトラブル 不利益な契約締結、合弁先との見解の相違や、取引先の不適切な対応による納期遅延などのリスクです。 契約前に現地パートナーについて経営方針や信用情報等に関する調査を実施していない。 専門家による契約書のチェックを受けていない。 現地パートナー・提携先とコミュニケーションの機会を定期的に確保できていない。 現地パートナー・提携先から自社に対して苦情や指摘が発生している。 現地パートナー・提携先について社内から不満や苦情が発生している。 3 資金調達上の障害 為替管理制度の変更や為替変動に伴う損失、親子ローン取り扱い規制に関するトラブルなどです。 進出先における資金調達方法とメリット・デメリットを把握していない。 進出先における資金調達に関する規制を十分に把握していない。 当局により頻繁に規制・運用が変更されている。 経理担当者を選任・育成していない。

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る