トップページ > 経営支援・相談 > コラム「モノ・知・技」 > 第95回「ステーションとターミナル」

第95回「ステーションとターミナル」

  • 12月の執筆者はチーフアドバイザー(技術)山本茂之です。

    「ステーションとターミナル」

    新幹線のぞみ号に乗って帰広する時に、東京駅発車後に、次のような車内アナウンスが流れます。(一例を表示、一部は省略)

    日本語のアナウンスは、「今日も、新幹線をご利用くださいまして、ありがとうございます。この電車は、のぞみ号博多行きです。途中の停車駅は、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪、新神戸、岡山、広島、新山口、小倉です。」。

    英語のアナウンスは「Ladies and gentlemen, welcome to the Shinkansen. This is the NOZOMI superexpress bound for Hakata.  We will be stopping at Shinagawa, Shin-Yokohama, Nagoya, Kyoto, Shin-Osaka, Shin-Kobe, Okayama, Hiroshima, Shin-Yamaguchi and Kokura stations before arriving at Hakata terminal.」。
     

    駅(途中の停車駅)は、英語ではステーションですが、終着駅(行先の駅)はターミナルと表現します。曖昧さのある日本語、明確な表現の英語の違いが、ここにも見られます。


    国語辞典には、「駅:1.列車を止めて、乗客の乗降、貨物の積み降ろしをする所。停車場。2.律令制で、官道に設けて公の使いのために人馬の継ぎかえや宿舎・食糧などを提供した所。うまや。」と説明されています。

    因みに、明治初年に鉄道が敷かれた時は新橋ステーションといい、以後、新橋停車場、新橋駅へと駅名表現が変わっています。

    また、道の駅、海の駅、まちの駅、等も全国津々浦々で見られるようになっています。これは、旅行者が立ち寄れるような各地の施設をひとまとめにして「〜の駅」とネーミングされたもので、「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」を基本コンセプトとしています。道の駅は、2016年5月現在で1,093駅、海の駅は、2016年9月現在で161駅、まちの駅は、2016年9月現在で1,555駅あります。いずれも、「ステーション」ではなく、「駅」というネーミングが意図的に使われています。

    一方、身近に見られる他の例では、宇宙ステーション、ナースステーション、ゴミステーション、ステーションホテル、ステーションワゴン等と使われています。これらの例では、日本語の駅ではなく、英語のカタカナ表記であるステーションを意識的に使っているようです。英語のステーションには、駅の意味の他に、(人・物の)所在・場所・置場、官公署、(特定の仕事・事業・研究などのための設備を持つ)事業所・研究所、放送局、等の幅広い意味があります。

    ステーションに対して、ターミナル(名詞形)には、前例の終着駅の意味の他に、鉄道やバスの路線が数多く集中して発着が行われるところ、終点、末端、終着都市、電気機器や電子回路における入出力端子、コンピューターの入出力を行う端末装置、等の意味があります。要するに、一連の繋がりの中での端っこという意味です。博多駅より先には、まだ多くの駅が連なっていますが、のぞみ号博多行きにとっては、博多駅は終点です。それで新幹線の車内アナウンスでは、Hakata station ではなく、Hakata terminalとなる訳です。

    日本語の「端子」の意味を辞書で調べてみると、「電気回路の端に付けて、他の回路や素子と接続するための器具。ターミナル。」との説明があります。これは、正に端っこの意味そのものです。このことから連想して、電力配線から電気をとるためのプラグの差し込み口も、発電所からの電力配線の端っこと捉え、ターミナルと言っても良さそうですが、実際にはコンセントと言います。
    コンセントは明治時代からの和製英語で、concentric plugと呼ばれていたものが、略称してコンセントと呼ぶようになったとされています。因みに、同じカタカナ言葉のコンセントは、病院で治療や手術を受ける際や,臨床試験に加わる際,医師から、前もって医学的事実や起こり得る危険性について十分説明を受けた上で患者が与える同意の意味のインフォームド・コンセントでも出てきますが、こちらはinformed consentで、微妙に綴りが違いますので念のため。

    エアターミナル、バスターミナルは、正に上記の航空機、バスの路線が数多く集中して発着が行われるところという意味で使われています。

    形容詞形のターミナルは、ターミナル・ケア等と表現され、終末期医療(重い病気の末期で不治と判断されたとき、治療よりも患者の心身の苦痛を和らげ、穏やかに日々を過ごせるように配慮する療養法)の意味で使われています。

    「あの人はターミナル」と、ならないように、元気で毎日を生活したいものですね。

    チーフアドバイザー(技術)山本茂之

    ※このコラムは2016年12月7日に配信されたメルマガ「広島校だより Vol.123」に掲載されたコラムです。メルマガ「広島校だより」を配信希望の方は、広島校だよりからお申込みください。