トップページ > 経営支援・相談 > ものづくり中小企業(サポーティングインダストリー)の支援

ものづくり中小企業(サポーティングインダストリー)

ものづくり中小企業(サポーティングインダストリー)を支援します。

サポーティングインダストリーとは、日本経済を牽引する自動車、情報家電、航空機等の産業を支えている金型、鍛造、鋳造、めっき等の基盤技術を有するものづくり中小企業群を指しています。
中小機構中部本部では、ものづくりの専門家によるアドバイスや「サポイン倶楽部」の運営等で、ものづくり中小企業を支援しています。

  • ものづくり支援コーディネーターによるサポート

    「ものづくり支援コーディネーター」(専門家)が研究開発計画の策定に関するアドバイスや、技術開発等に関する情報提供を行っています。ものづくりに関することをお気軽にご相談ください。

    ご相談は随時承っておりますので、「問い合わせ先」記載の担当までご連絡ください。

    ものづくり支援コーディネーターのご紹介

  • サポーティングインダストリー・ネットワーク倶楽部(サポイン倶楽部)について

    企業間ネットワークの構築や関係者間の連携促進を目的とした、中部地域の「中小ものづくり高度化法認定企業」及び「支援機関」で構成する会員組織です。中小機構中部が事務局を担い、会員向けセミナーや工場見学会などを実施しています。

    会費は無料です。認定企業の皆様、支援機関の皆様のご参加をお待ちしております。

    サポーティングインダストリー・ネットワーク倶楽部のご紹介

  • 中小ものづくり高度化法について

    中小ものづくり高度化法とは

    自動車、情報家電、ロボット、燃料電池等、我が国を牽引する製造業の競争力は、めっき、鋳造、金型等、中小企業が持つ基盤技術により支えられています。これらの基盤技術を強化するために「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(中小ものづくり高度化法)」が平成18年4月19日に成立しました。法律では、今後中小企業が目指すべき技術開発の方向と将来ビジョンを「中小企業の特定ものづくり基盤技術の高度化に関する指針(技術高度化指針)」として取りまとめ、その方向に沿って行う研究開発等を支援します。

    指針に沿った研究開発を行う中小企業は、経済産業省から認定を受けることができます。認定を受けた場合、研究開発費の補助をはじめ、各種支援を受けることができます。

    法律のしくみ・支援の流れ(新規ウィンドウ表示)

    法律の逐条解説(PDF:102.4KB)(新規ウィンドウ表示)

    技術高度化指針(PDF:642KB)(新規ウィンドウ表示)

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ先

中小機構 中部本部 経営支援部 経営支援課 ものづくり担当:品田

電話:052-220-0516  FAX:052-220-0517

e-mail:sapoin-net@smrj.go.jp

関係機関リンク