トップページ > 経営支援・相談 > 経営相談 > 国際化相談の申込み

国際化相談の申込み

  • 「国際化相談窓口」

    中小機構中部(名古屋市中区)では、海外ビジネスに関するお悩みを解決する、中小企業の皆様専用の無料相談窓口を開設しております。海外現地に新たに工場等を建設したい、円安の好機を捉えて輸出に挑戦したい、海外に興味はあるが何から手を付けていいのか分からないなど、各種ご相談にお気軽にご利用ください。

    海外ビジネスに精通したアドバイザーが、海外現地の投資環境から、輸出入の手続き、ご利用いただける各種支援施策まで、幅広くお答えいたします。

  • 1.アドバイス対象国

    中国・ASEAN諸国 ほか

     

    2.対応アドバイザー

     海外投資・海外取引・貿易実務等に精通した専門家が、相談の内容に応じ、的確にお答えします。

    氏名 対象国・地域 プロフィール

    山田 渉

    中国・香港等

    総合商社で約37年間勤務、中国文化圏で合計12年間の駐在・研修を経験。この間、プラント・建設機械から履物・化粧品まで各種商品を担当。国内では市場戦略の策定や海外店の管理を業務とする管理部門が長く、中国では、上海の最大流通グループとの合弁による会社設立の市場調査から経営計画の作成、設立手続き等の実務を担う。同合弁会社設立後は現地経営幹部の一人として経営・管理全般に携わったと同時に、中国国内取引を中心に中国製品の輸出等を推進しつつ、多くの人脈を築いた。
    山本 恵

    ベトナム・ラオス・スリランカ等

    総合商社に入社後、合計22年間の海外駐在を経験。この間、主として鉄鋼製品の日本からの輸出、三国間貿易に携わると同時に海外現地企業等との合弁企業の立ち上げ及びその経営に参画、三国間貿易の拠点会社の撤退業務も経験。特にベトナムでは、合弁会社の立ち上げに参加、銀行との交渉、販売網の整備、販売政策の立案、及び実行等を現地人スタッフに指揮しながら遂行。素材・製品の輸出入業務の事務手続きについても貿易実務を通じて知識経験を深めている。
    大槻 恭久 台湾・香港・中国(上海)・シンガポール・米国等 台湾、香港、上海、シンガポール、米国等の市場に精通し、食品製造業等の海外展開支援を行う。また、海外F/S、新連携、農商工連携、六次産業化等各種補助金の支援経験あり。
    中谷 泰

    タイ・ミャンマー・インドネシア等

    タイやインドネシアの日系企業、現地企業の現状や問題点に精通。タイにて現地企業の人材育成、企業診断、物流現場改善指導及び現場改善指導経験あり。

    砥板 種弘 ベトナム・インドネシア・フィリピン・タイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー等 総合商社で30年間勤務。主に7年の香港駐在中に、中国及び東南アジアとの機械類の輸出入並びに法人設立、自転車部品や段ボール箱工場経営に従事。ベトナム、インドネシア、タイ、フィリピンへの進出F/S支援等を担当、カンボジア、ラオス、ミャンマーの案件にも対応可。

    西村 修二

    マレーシア・ミャンマー・オーストラリア等

    商社、メーカー等に勤務経験有。繊維原料の輸出入、電子部品の海外工場長を経験。駐在経験は、マレーシアとオーストラリア、出張経験は東南アジアを中心に中国、インド、欧州など、直近ではミャンマーにも対応。

     

    3.当面のアドバイス日

    アドバイザー出勤予定表をご確認ください。

    ※なお、ASEANに関するご相談(担当:大槻、中谷、砥板、西村)は随時、承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    4.場所

    中小機構中部
    経営支援部経営支援課  相談コーナー

  • 「国際化相談窓口」申込方法

    下記の「国際化相談申込書」から利用申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、相談希望日前日までに中小機構 中部 経営支援部経営支援課 宛てFAX (052−220−0517)ください。
    (※空き状況については、事前に電話にてご確認ください。)

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

本件に関するお問合せ先

中小機構中部 経営支援部経営支援課

住所 : 愛知県名古屋市中区錦2−2−13 名古屋センタービル4階

電話 : 052−220−0516(平日9時〜17時)  

FAX : 052−220−0517