メニューをスキップしてコンテンツへ
ホーム >  開催報告(名古屋・大阪編)

開催報告(名古屋・大阪編)

商談会の様子

中小機構では、平成27年5月25日から29日にかけて、名古屋を皮切りに、大阪、東京において「タイ大手自動車部品メーカー商談会」を開催しました。

 

当レポートでは、最初の名古屋会場、次の大阪会場の様子をご紹介します。

 

名古屋では、日本企業15社が参加。朝から夕方まで、休みなく30件の商談が行われました。商談の前に行われた開会式では、中小機構の花沢文雄中部本部長が、当商談会の共催者であるトヨタ モーター アジア パシフィック エンジニアリング アンド マニュファクチャリング社及びタイ企業へ歓迎と感謝の意を表し、「アジアトップクラスの自動車生産地であるタイのメーカーと、日本の自動車産業の一大集積地である中部地域のメーカーとの商談会は、両者にとって新たなビジネスチャンスの絶好の機会であり、活発な商談を期待しています」と挨拶。期待どおり、活発で、内容の濃い商談が数多く行なわれました。

 

大阪では、2日間で、日本企業24社が参加し、36件の商談が行われました。また、タイ企業は、当機構主催の「新価値創造展in関西」にも足を運び、出展者との交流・商談を行いました。

 

 

 タイからの参加者と中小機構職員

タイからの参加者と中小機構職員

参加者の声

伊藤政憲さん

 

株式会社伊藤精密工具製作所

代表取締役 伊藤政憲さん

弊社は、品質管理に使われるゲージや検査治具のメーカーです。オーダーメイドで、顧客のニーズに合わせた製品を製造しています。

 

今回は、2012年12月に立ち上げた弊社工場の顧客、現地ネットワークの獲得を期待して参加しました。商談は終始雰囲気も良く、時間も十分で、先方のニーズを確認しながら、工程や品質管理の向上に弊社がどのように寄与できるかを提案しました。結果、エンジン周りの樹脂製品メーカーさんに、興味を持ってもらえ、また現地で会おうということになりました。中小機構の専門家による商談同席サポートは、非常に心強く、ありがたいです。

 

 

水谷壮一郎さん

 

水谷産業株式会社 

常務取締役 水谷壮一郎さん

弊社は、自動車や自転車部品などのアルミダイキャスト製品メーカーです。

弊社のマレーシア工場からタイへの輸出などを含め、中期的な計画として、タイでのビジネスも視野に入れていることから、今回、タイ企業側から声かけいただいたこともあり、現地とのネットワークを構築する良い機会だと思い、参加しました。

 

商談では、同業種のタイ企業から良い反応をいただき、技術提携や合弁などの話がでましたので、今後に向け検討してみたいと思います。今後の可能性を感じた商談ができました。

 

 

木田文武さん、中司裕二さん

 

小倉鉄道株式会社

代表取締役社長 木田文武さん(左)

取締役部長   中司裕二さん(右)

弊社は、40年以上前から歯車の専門メーカーとして、自動車や農業機械などの歯車を製造しています。海外展開については、すでにベトナム、インドネシアなどに納入していますが、今後、タイへの進出も検討しています。今回は、自動車産業への足掛かりを見つけたいと思い、参加しました。

商談では、弊社の技術力やモノづくりのノウハウに対して、タイ側に大きな関心を示していただきました。今後は、現地訪問などを通して、タイ側の技術力などについて情報収集を継続し、関係を深めていきたいと思います。商談会の全体の雰囲気もよく、緊張することなく、しっかり情報交換ができました。

 

 

影山善吉さん、大塚誠嚴さん

 

大塚産業マテリアル株式会社

常務取締役 影山善吉さん

営業課長  大塚誠嚴さん

弊社はシートやヘッドレストといった自動車内装部品のメーカーです。すでに、タイで製品を製造していますが、より高度な製品の現地製造や日本からの輸出を目指し、タイ企業との提携などを検討しています。

商談では、先方のニーズが見えにくいこともありましたが、弊社の技術に関心を持っていただき、さっそく弊社工場への訪問をアレンジすることになりました。こちらからも訪問するなどしたいと思います。この商談会は、他と違って、先方の社長などのキーマンの方と話ができるので、即断即決の具体的な話し合いができました。今後、さらに商談を重ねていきたいと思います。

 

 

タイ大手自動車部品メーカー商談会 概要

日程:平成27年5月25日(月曜)~29日(金曜)

会場:名古屋、大阪、東京

主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構/

    トヨタ モーターアジア パシフィック エンジニアリング アンド マニュファクチャリング株式会社

アジアにおける主要自動車生産地であるタイから、大手自動車部品メーカー5社が日本企業との生産委託、共同研究、合弁会社設立等の事業連携の機会を求めて来日。日本企業72社と125件の商談が行われました。

 

中小機構では、今後も日本の中小企業にとって、より有意義な商談会の開催を目指していきたいと思います。今回ご参加いただけなかった皆さまも、次の機会には、ぜひご参加ください。

主催・お問合せ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構 販路支援部 販路支援課
〒105-8453東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話03-5470-2375/FAX03-5470-2376/E-mail:ceo-network@smrj.go.jp:
 

ページのトップへ